このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:110回

  • 貸出数:26回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
いま、「憲法改正」をどう考えるか : 「戦後日本」を「保守」することの意味
イマ ケンポウ カイセイ オ ドウ カンガエルカ : センゴ ニホン オ ホシュ スル コト ノ イミ

責任表示 樋口陽一著
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2013.5
本文言語 日本語
大きさ vii, 177p ; 19cm
概要 安倍首相が意欲を示す「憲法改正」。その憲法観・歴史観にはどのような特徴があるのか。明治以来の憲法論議や戦前の立憲政治の経験、戦後憲法史をふり返りながら、日本社会がこれまで憲法をめぐる問題にどのように向き合ってきたのかを考える。その上で、自民党「改正草案」の持つ意味を読み解く。現在の改憲論はこの社会をどのような方向へ連れてゆこうとしているのか。
目次 1 “憲政”としての戦前と“憲法”としての戦後(戦前—“立憲主義”は指導層の共通認識だった
戦後—“個人”の解放が憲法理念となる)
2 戦後憲法史をどう見定めるか(「憲法形骸化」論が見落してきたもの
改憲論の現在—その中での二〇一二年自民党「改正草案」)
3 日本の憲法体験が持つ意味(いま改憲を「決めさせない」こと—「決める政治」に流されないで
世界から受けとったものと世界に向けて返すもの—“普遍”を求めることと“伝統”への愛着と)

所蔵情報


中央図 4A 010112013010018 323.14/H 56 2013

理系図1F 開架 031112013007312 323.149/H 56 2013

法科院(Law School) 024112013004851 Dj 40/H/27 2013

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:いま憲法改正をどう考えるか : 戦後日本を保守することの意味
著者標目 樋口, 陽一(1934-) <ヒグチ, ヨウイチ>
件 名 BSH:憲法 -- 日本  全ての件名で検索
BSH:憲法改正
分 類 NDC8:323.12
NDC9:323.12
NDC9:323.149
書誌ID 1001516728
ISBN 9784000222006
NCID BB12560728
巻冊次 ISBN:9784000222006 ; PRICE:1500円+税
登録日 2013.10.07
更新日 2013.12.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています