このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:10回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
「魂」の思想史 : 近代の異端者とともに
「タマシイ」ノ シソウシ : キンダイ ノ イタンシャ ト トモニ

責任表示 酒井健著
シリーズ 筑摩選書 ; 0068
データ種別 図書
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 2013.6
本文言語 日本語
大きさ 282p ; 19cm
概要 合理主義と功利主義を基調とする近代。ゴッホ、ニーチェ、ボードレールから岡本太郎、三島由紀夫まで—、彼らは時代の趨勢に齟齬を覚えつつ、魂の声に引き寄せられ、思策と表現を行った。曖昧で無限定な概念でありながら、人々を揺り動かしてきた「魂」とはいったい何か。人間の内部と外部を通わせるその働きに、著者は現代人が見失ってしまったものを看取する。近代の異端者を通して生の息吹に触れる異色の思想史。
目次 第1章 ゴッホ
第2章 ニーチェ
第3章 ボードレール
第4章 初期ドイツ・ロマン主義と両次大戦間の前衛たち
第5章 日本人留学生の軌跡
第6章 大和魂の根源へ

所蔵情報


中央図 4A 010112013008205 133/Sa 29 2013

理系図1F 開架 031112013007615 133/Sa 29 2013

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:魂の思想史 : 近代の異端者とともに
一般注記 主要参考文献: p279-282
著者標目 酒井, 健(1954-) <サカイ, ケン>
件 名 BSH:哲学 -- 歴史 -- 近代  全ての件名で検索
NDLSH:近代哲学
分 類 NDC8:133
NDC9:133
書誌ID 1001514911
ISBN 9784480015747
NCID BB12707167
巻冊次 ISBN:9784480015747 ; PRICE:1600円+税
登録日 2013.09.10
更新日 2013.12.19

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています