このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:8回

  • 貸出数:11回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
戦間期東アジアの日本語文学
センカンキ ヒガシアジア ノ ニホンゴ ブンガク

責任表示 石田仁志 [ほか] 編
シリーズ アジア遊学 ; 167
データ種別 図書
出版者 東京 : 勉誠出版
出版年 2013.8
本文言語 日本語
大きさ 271p : 挿図 ; 21cm
概要 ふたつの世界大戦に挟まれた「戦間期」。勢力を増した日本の「東アジア」におけるプレゼンスは、「日本語文学」にどのような問題を突きつけたのか。メディアやツーリズムの発達、雑誌・出版・映画の興隆、植民地支配による異文化接触などを視野にいれつつ、一国主義的な文学概念を相対化し、「東アジア」の「日本語文学」の可能性と問題点を考察。現代の諸問題につながる“越境”のダイナミズムと、ハイブリッドな文化現象を照射す...続きを見る
目次 メディア表象—雑誌・出版・映画(一九三二年の上海:戦争・メディア・文学—穆時英の『空閑少佐』をめぐって
中国モダニズム文学と左翼文学の併置と矛盾について—雑誌『無軌列車』、『新文芸』を中心に ほか)
上海文化表象—都市・空間(上海“魔都”イメージの内実—村松梢風・井東憲から横光利一へ
上海表象のリミット—横光利一と前田河廣一郎 ほか)
南方・台湾文化表象—植民地・戦争(佐藤春夫『南方紀行』の路地裏世界—厦門租界と煙草商戦の「愛国」
一九二〇、三〇年代の佐藤春夫、佐藤惣之助、釈迢空と「南島」 ほか)
北方文化表象—満洲・北京・朝鮮(まなざしの地政学—大連のシュルレアリスムと満洲アヴアンガルド芸術家クラブ
満洲ロマンの文学的生成—「満洲浪曼」と「芸文志」同人の活動を中心に ほか)

所蔵情報


理系図2F 開架 032112013011362 910.26/I 72 2013

言文 中国語05 032112014007353 910.26/I 72 2013

書誌詳細

一般注記 その他の編者: 掛野剛史, 渋谷香織, 田口律男, 中沢弥, 松村良
著者標目 石田, 仁志(1959-) <イシダ, ヒトシ>
掛野, 剛史(1975-) <カケノ, タケシ>
渋谷, 香織(1957-) <シブヤ, カオリ>
田口, 律男 <タグチ, リツオ>
中沢, 弥 <ナカザワ, ワタル>
松村, 良 <マツムラ, リョウ>
件 名 BSH:アジア -- 雑誌  全ての件名で検索
BSH:日本文学 -- 歴史 -- 大正時代  全ての件名で検索
BSH:日本文学 -- 歴史 -- 昭和時代  全ての件名で検索
BSH:日本 -- 対外関係 -- アジア(東部) -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:302.2
NDC9:302.2
書誌ID 1001514362
ISBN 9784585226338
NCID BB13278838
巻冊次 ISBN:9784585226338 ; PRICE:2800円(税別)
登録日 2013.09.02
更新日 2014.06.27

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています