このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:4回

  • 貸出数:2回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
説話から世界をどう解き明かすのか : 説話文学会設立50周年記念シンポジウム[日本・韓国]の記録
セツワ カラ セカイ オ ドウ トキアカスノカ : セツワ ブンガッカイ セツリツ 50シュウネン キネン シンポジウム ニホン カンコク ノ キロク

責任表示 説話文学会編
データ種別 図書
出版者 東京 : 笠間書院
出版年 2013.7
本文言語 日本語
大きさ 562p : 挿図 ; 21cm
概要 柳田國男、南方熊楠、高木敏雄、芳賀矢一らによる、近代説話学の創始から、一〇〇年—。五〇年前に設立された、説話文学会が、日本のあり方にかかわるすべての領域に、「説話」というキーワードで挑む。何をどこまで明らかにしてきたのか。これから何をしていくのか。総力を挙げて世に問う。
目次 1 説話文学会五十周年記念大会の記録(『黄金伝説』と世界文学としての説話集
メディアとしての文学と説話文学史—矜恃する和語
中世メディアとしての融通念仏縁起絵巻 ほか)
2 説話文学会五十周年に寄せて—エッセイ(益田勝実先生のこと—説話文学会五十周年を寿ぐ
説話文学研究者への注文—お笑い好きな仏典電子化担当者の立場から
版本/検索/東アジア—説話研究への提言 ほか)
3 説話文学会ソウル例会の記録—韓国日語日文学会共催(古典の翻訳と再創造—東アジアの『今昔物語集』
中国における日本古典文学の翻訳と研究—『今昔物語集』を中心に
ベトナムにおける日本文学の翻訳・出版・研究—『今昔物語集』を中心に ほか)
付録 説話文学会 例会・大会の記録

所蔵情報


中央図 2C_22‐31 [文/印哲] 021112013006813 印哲/10/346 2013

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:説話から世界をどう解き明かすのか : 説話文学会設立50周年記念シンポジウム日本韓国の記録
著者標目 説話文学会 <セツワ ブンガッカイ>
件 名 BSH:説話文学
分 類 NDC8:913.37
NDC9:913.37
書誌ID 1001513896
ISBN 9784305706980
NCID BB12871772
巻冊次 ISBN:9784305706980 ; PRICE:2800円+税
登録日 2013.08.27
更新日 2013.08.27

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています