このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:11回

  • 貸出数:9回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
学習の本質 : 研究の活用から実践へ
ガクシュウ ノ ホンシツ : ケンキュウ ノ カツヨウ カラ ジッセン エ

責任表示 OECD教育研究革新センター編著 ; 佐藤智子 [ほか] 訳
データ種別 図書
出版者 東京 : 明石書店
出版年 2013.3
本文言語 日本語
大きさ 418p : 挿図 ; 22cm
概要 人がどのように学習するかについて、私たちは何を知っているのだろうか?人はどのようにしてその知識を構成していくのか?若者の動機や感情は、その学習にどのように影響するのか?調べ学習、共同学習、テクノロジーの活用、形成的アセスメント、サービス・ラーニングなどの利点として、研究から明らかにされていることは何か?そうした学習法が最も効果的になるのはどのような場合か?そして、学習は家庭環境からどのような影響を...けるのか?本書は、こうした問題について認知的、情動的、生物学的、社会学的観点から、欧米の代表的な研究者の実証的な根拠に基づく知見をもとに詳細な検討を進める。そして、学習の本質とさまざまな教育的実践の双方の研究成果から、21世紀に求められるスキルやコンピテンシーと優れた学習環境のあり方を提起する。続きを見る
目次 21世紀の学習環境の分析と設計
学習についての理解の歴史的発展
学習の認知的視点:重要な10の知見
教室での学習において、動機と感情が果たす重要な役割
発達と生物学的視点からみた学習
形成的アセスメント:効果的な学習環境における役割
共同学習:何がグループワークを機能させるのか
テクノロジーを活用した学習
調べ学習:その可能性と挑戦
サービス・ラーニング:学習資源としてのコミュニティ
家庭と学校のパートナーシップ:子どもの学習と社会化への家族の影響
イノベーションの実践:空想的モデルから日常的実践へ
21世紀の学習環境の方向性
付録『学習の本質』実践用ガイド
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 010112013007545 371.41/O 18 2013

中央図 自動書庫 025112013003152 371.41/O 18/20130315 2013

書誌詳細

別書名 原タイトル:The nature of learning : using research to inspire practice
原タイトル:Comment apprend-on? : la recherche au service de la pratique
一般注記 監訳: 立田慶裕, 平沢安政
その他の訳者: 赤尾勝己, 中澤智惠, 岩崎久美子, 有本昌弘, 笹井宏益, 福本徹, 駒谷真美, 荻野亮吾, 野村和, 村川雅弘
参考文献: 各章末
著者標目 Centre for Educational Research and Innovation
立田, 慶裕(1953-) <タツタ, ヨシヒロ>
平沢, 安政 <ヒラサワ, ヤスマサ>
佐藤, 智子(1978-) <サトウ, トモコ>
件 名 BSH:学習心理学
分 類 NDC8:371.4
NDC9:371.41
書誌ID 1001513870
ISBN 9784750337852
NCID BB12131211
巻冊次 ISBN:9784750337852 ; PRICE:4600円+税
登録日 2013.08.27
更新日 2013.08.27

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています