このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:278回

  • 貸出数:31回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
金融の世界史 : バブルと戦争と株式市場
キンユウ ノ セカイシ : バブル ト センソウ ト カブシキ シジョウ

責任表示 板谷敏彦著
シリーズ 新潮選書
データ種別 図書
出版者 東京 : 新潮社
出版年 2013.5
本文言語 日本語
大きさ 287p ; 20cm
概要 シュメール人が発明した文字は貸借記録の必要に迫られたものだった。ルネサンス期のイタリアに生まれた銀行・保険業と大航海時代は自由な金融市場をもたらし、国家間の戦争は株式・債券の基を創った、そして今日、進化したはずの国際市場では相変らずデフレ・インフレ・バブルが繰り返される...人の営みとしての「金融」を通史として俯瞰する試み。
目次 金利も銀行もお金より先にあった
貨幣の幻想
アリストテレスの考え方
中世の宗教と金融
大航海時代
東インド会社と取引所
国債と保険の始まり
ミシシッピ会社と南海会社
アムステルダムからロンドンへ
イギリスからアメリカへ
戦争と恐慌と大戦前後の日本の金融市場
戦後からニクソン・ショックまで
日本のバブル形成まで
投資理論野展開
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 010112013011656 338.2/I 88 2013

中央図 3B 025112013001424 338.2/I 88/20130142 2013

書誌詳細

一般注記 注(参考文献): p286-287
著者標目 板谷, 敏彦(1955-) <イタヤ, トシヒコ>
件 名 BSH:金融 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:338.2
NDC9:338.2
書誌ID 1001510402
ISBN 9784106037283
NCID BB12569813
巻冊次 ISBN:9784106037283 ; PRICE:1300円(税別)
登録日 2013.07.11
更新日 2013.10.15

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています