このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:8回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
日独伊三国同盟の起源 : イタリア・日本から見た枢軸外交
ニチドクイ サンゴク ドウメイ ノ キゲン : イタリア ニホン カラ ミタ スウジク ガイコウ

責任表示 石田憲著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 552
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2013.6
本文言語 日本語
大きさ 254p : 挿図 ; 19cm
概要 融通無碍な「反共」イデオロギーから、友敵関係による対外政策を作り出す構造が生まれ、ついには、実質的意味を持たず、破壊的な結末へと至る「空虚なる同盟」が結ばれてしまった。日本とイタリアの外務省に注目することで、枢軸外交が機能不全と自己崩壊に帰着する、その過程と構造を生々しく浮き上がらせる、画期的研究!
目次 第1章 日伊外務省と反共主義的国際観—対外政策のイデオロギー的背景(一九三〇年代の日伊外務省
相違点としてのファシズム
結節点としての反共主義
善悪二元論と友敵関係—親枢軸から反西欧へ
「空虚なる同盟」の始まり)
第2章 同床異夢の枢軸形成—現実政治の蹉跌(日独伊枢軸の位置づけ
東アジアの危機と枢軸の世界化
新たな膨張をめぐるイメージ)
第3章 同盟抑制の機能不全—対外政策決定過程の構造的崩壊(不従順な体制派—二人の駐英大使ディーノ・グランディと吉田茂
追随する抑制者—二人の外務省ナンバー・ツージュゼッペ・バスティアニーニと有田八郎
崩壊する対外政策決定の組織構造—東アジアと枢軸をめぐる政治と情報)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112013004646 081.6/Ko 19/(552) 2013

理系図1F 開架 031112013007770 319.1/I 72 2013

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:日独伊三国同盟の起源 : イタリア日本から見た枢軸外交
一般注記 主要参考文献: p238-249
索引あり
著者標目 石田, 憲(1959-) <イシダ, ケン>
件 名 BSH:日独伊三国同盟
分 類 NDC8:319.1
NDC9:319.1
書誌ID 1001508540
ISBN 9784062585552
NCID BB12673167
巻冊次 ISBN:9784062585552 ; PRICE:1600円+税
登録日 2013.06.18
更新日 2013.12.18

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています