このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:17回

  • 貸出数:9回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
なぜ猫は鏡を見ないか? : 音楽と心の進化誌
ナゼ ネコ ワ カガミ オ ミナイカ : オンガク ト ココロ ノ シンカシ

責任表示 伊東乾著
シリーズ NHKブックス ; 1201
データ種別 図書
出版者 東京 : NHK出版
出版年 2013.1
本文言語 日本語
大きさ 314p ; 19cm
概要 生物は耳によって自分が置かれている環境を知り、乳児は声を獲得し、それを自分の声と認識することで、複雑な「再帰的自己」を作り上げていく...自身の作曲・演奏を通し、またケージやバーンスタインら同じ音楽人との交流を通して、著者は音楽の本質と向き合い、人間の心と音との深い結びつきに迫ってきた。物理学や生物学、脳認知科学の知見をふまえながら、「響き」にあらわれる音楽と心の謎を考える渾身の書。
目次 なぜ猫は鏡を見ないか?—音の鏡と再帰的自己意識
なぜ聴覚が生まれたのか?—自己定位器と聴覚の起源
なぜ魚群は一斉に翻るのか?—体の外部に開かれた感覚
なぜ音は調和して聴こえるか?—物理的音波と認知的音像
なぜ楽器で言葉を話せるのか?—二足歩行と柔軟な調声器
なぜ猫の仔とトラの区別がつくのか?—両耳で聴く差異と反復
なぜ歌は言葉よりも記憶に残るのか?—シェーンベルク=ブーレーズ・パズルの解決
なぜ異なる歌を同時に歌い始めたのか?—長短と強弱の音声リズム
なぜ理屈をこねても人の心は動かないか?—悟性が情動に遅れる理由
なぜ落語家は左右に話す向きを変えるのか?—潜水艦から空港騒音対策へ
なぜ猫はすばやくネズミを捕らえられるのか?—可聴域と超越的統覚
猫と犬の行方
続きを見る

所蔵情報


芸工2階 050112012017265 761.14/I89 2013

書誌詳細

著者標目 伊東, 乾(1965-) <イトウ, ケン>
件 名 BSH:音楽心理学
分 類 NDC8:761.14
NDC9:761.14
書誌ID 1001501118
ISBN 9784140912010
NCID BB11464296
巻冊次 ISBN:9784140912010 ; PRICE:1200円+税
登録日 2013.03.08
更新日 2013.03.08

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています