このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:1回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
サイード音楽評論
サイード オンガク ヒョウロン

責任表示 エドワード・W・サイード [著] ; 二木麻里訳
データ種別 図書
出版者 東京 : みすず書房
出版年 2012.11
本文言語 日本語
大きさ 2冊 ; 20cm
概要 サイードのもう一つのライフワークであった各紙誌発表の音楽評論初の集成。時評を超えて普遍性をそなえた全44篇。1巻は演奏・オペラ評を中心に前期10年分を収録。
2巻はバッハ、ベートーヴェン、ヴァーグナー、ブーレーズほか重厚な作家作品論を中心に死の直前までの10年分を収録。刮目すべき未完の書の起草文を巻末に付す。
目次 第1部 一九八〇年代(音楽そのもの—グレン・グールドの対位法的な洞察力
奏でられたものの追想—ピアノ芸術の現存性と記憶
音楽祭は威風堂々
リヒャルト・シュトラウスを考える ほか)
第2部 一九九〇年代(リヒャルト・シュトラウス
ヴァーグナーとメトロポリタン歌劇場の『指輪』
オペラ制作—『ばらの騎士』『死者の家から』『ファウスト博士』
スタイルの有無—『エレクトラ』『セミラーミデ』『カーチャ・カバノヴァー』 ほか)
第2部 一九九〇年代(承前)(バード音楽祭
ヴァーグナーに対しては不忠実であるほうが忠実である
身ぶりの音楽—ショルティについて
ベルリオーズ『トロイアの人びと』 ほか)
第3部 二〇〇〇年代(文化の壁を越えた絆—ダニエル・バレンボイム
グレン・グールド知識人であった巨匠
宇宙的な野心—クリストフ・ヴォルフ著『ヨハン・ゼバスティアン・バッハ』
バレンボイムとヴァーグナーの禁忌 ほか)
続きを見る

所蔵情報

1 中央図 2B 032112012047863 760.4/Sa 17 2012
2 中央図 2B 032112012047798 760.4/Sa 17 2012

書誌詳細

別書名 原タイトル:Music at the limits
異なりアクセスタイトル:音楽評論 : サイード
一般注記 序文: ダニエル・バレンボイム
著者標目 Said, Edward W.
Barenboim, Daniel, 1942-
二木, 麻里 <フタキ, マリ>
件 名 BSH:音楽
分 類 NDC8:760.4
NDC9:760.4
書誌ID 1001498489
ISBN 9784622077244
NCID BB11010222
巻冊次 1 ; ISBN:9784622077244 ; PRICE:3200円+税
2 ; ISBN:9784622077251 ; PRICE:3200円+税
登録日 2013.02.08
更新日 2013.02.08

類似資料