このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:62回

  • 貸出数:39回
    (1年以内の貸出数:6回)

<図書>
言語が違えば、世界も違って見えるわけ
ゲンゴ ガ チガエバ セカイ モ チガッテ ミエル ワケ

責任表示 ガイ・ドイッチャー著 ; 椋田直子訳
データ種別 図書
出版者 東京 : インターシフト
出版者 東京 : 合同出版 (発売)
出版年 2012.12
本文言語 日本語
大きさ 299, 34p, p334-337, 図版 [8] p ; 20cm
概要 古代ギリシャの色世界から、未開社会の驚くべき空間感覚、母語が知覚に影響する脳の仕組みまで—言語が世界観を変える、鮮やかな実証。年間ベストブック多数受賞。
目次 第1部 言語は鏡(虹の名前—ホメロスの描く空が青くないわけ
真っ赤なニシンを追いかけて—自然と文化の戦い
異境に住む未開の人々—未開社会の色の認知からわかること
われらの事どもをわれらよりまえに語った者—なぜ「黒・白、赤...」の順に色名が生まれるのか
プラトンとマケドニアの豚飼い—単純な社会ほど複雑な語構造を持つ)
第2部 言語はレンズ(ウォーフからヤーコブソンへ—言語の限界は世界の限界か
日が東から昇らないところ—前後左右ではなく東西南北で伝える人々の心
女性名詞の「スプーン」は女らしい?—言語の性別は思考にどう影響するか
ロシア語の青—言語が変われば、見る空の色も変わるわけ)

所蔵情報


中央図 4A 010112012026140 801.03/D 65 2013

中央図 4A 032112016028005 801.03/D 65 2015

中央図 自動書庫 032112016029061 801.03/D 65 2013

比文 文化動態 032112012047851 801.03/D 65 2013

言文 仏語 032112012050488 801.03/D 65 2013

言文 露語 032112012049335 801.03/D 65 2013

書誌詳細

別書名 原タイトル:Through the language glass : why the world looks different in other languages
異なりアクセスタイトル:言語が違えば世界も違って見えるわけ
一般注記 本文・謝辞: p6-299
原注・参考文献・補遺: 巻末p1-34 (p[300]-[333])
解説: p334-337
著者標目 Deutscher, Guy, 1969-
椋田, 直子(1941-) <ムクダ, ナオコ>
件 名 BSH:言語社会学
NDLSH:言語学
NDLSH:比較文化
NDLSH:
分 類 NDC8:801.03
NDC9:801.03
NDC9:801
書誌ID 1001498359
ISBN 9784772695336
NCID BB10973465
巻冊次 ISBN:9784772695336 ; PRICE:2400円+税
登録日 2013.02.07
更新日 2017.01.25

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています