このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:33回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
「国語」という思想 : 近代日本の言語認識
コクゴ ト イウ シソウ : キンダイ ニホン ノ ゲンゴ ニンシキ

責任表示 イ・ヨンスク著
シリーズ 岩波現代文庫 ; 学術 ; 263
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2012.2
本文言語 日本語
大きさ xxii, 435, 8p ; 15cm
概要 「国語」は概念として、いつ、どのように形成されたのか。明治期日本の国家統合の要として創出されたのが「国語」であるならば、それをめぐっていかなる言語認識が展開されていたのか。本書は「国語」とそれをめぐるイデオロギーのせめぎ合いの軌跡を上田万年、保科孝一らの言語思想を軸に克明に跡づけつつ「国語の思想」の内実に迫る画期的な言語思想史。
目次 「国語」以前の日本語—森有礼と馬場辰猪の日本語論
第1部 明治初期の「国語問題」(国字問題のゆくえ
言文一致と「国語」
「国語」の創成)
第2部 上田万年の言語思想(初期の上田万年
「国語と国家と」
「国語学」から「国語政策」へ)
第3部 国語学と言語学(忘れられた国語学者保科孝一
国語学史をめぐって
国語の伝統と革新)
第4部 保科孝一と言語政策(標準語の思想
朝鮮とドイツ領ポーランド
「同化」とはなにか
満州国と「国家語」
「共栄圏語」と日本語の「国際化」)
続きを見る

所蔵情報


言文 露語 032112012046516 810.9/I 11 2012

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:国語という思想 : 近代日本の言語認識
一般注記 底本は1996年12月岩波書店刊
参考文献: 巻末p1-8
著者標目 李, 妍淑(1956-) <이, 연숙>
件 名 BSH:国語国字問題
NDLSH:国語・国字問題
NDLSH:保科, 孝一(1872-1955)
NDLSH:国語学 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:810.9
NDC9:810.9
NDC9:801
NDLC:KF32
書誌ID 1001497846
ISBN 9784006002633
NCID BB08347319
巻冊次 ISBN:9784006002633 ; PRICE:1540円+税
NBN JP22065682
登録日 2013.01.31
更新日 2013.01.31

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています