このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:3回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
初期キリスト教の霊性 : 宣教・女性・異端
ショキ キリストキョウ ノ レイセイ : センキョウ ジョセイ イタン

責任表示 荒井献著
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2009.4
本文言語 日本語
大きさ xii, 262, 20p ; 20cm
概要 なぜ、人間らしい生のあり方を阻むものに対する批判的精神を、キリスト教は衰微させたのか。その歴史的な転回点はどこにあったのか。霊性とは、神の霊に応答しつつ生きる人間の、社会的な次元を含むダイナミックな生のあり方を指す。この独自な霊性理解に立って、キリスト教成立期の知られざる諸相を追跡する。救済観と共同体意識の成立、信仰共同体における女性の位置づけ、正統と異端の葛藤—これらはいずれも著者の長年にわたる...約聖書学研究を導いた三つの指標であった。キリスト教の正負両面の歴史を、囚われることなく見定めるための視座を求めて、諸文書の海をわたった営みの到達点を示す最新論集。続きを見る
目次 初期キリスト教における霊性と批判的精神—ルカ文書を中心に
1 宣教と救済(「小さくされた者たち」の共同体—原始キリスト教における「家の教会」と宣教
永遠の生命によせて—ルカ、ヨハネ、トマスを中心に
新約聖書における「聖餐」再考—批判に応えて)
2 女性と異端(使徒「ユニア(ス)」(ローマ人への手紙一六章7節)をめぐって
紀元後二世紀の女性宣教者像—『テクラ行伝』の場合、再考
『ユダの福音書』と『マリアによる福音書』—原始キリスト教におけるその位置づけ
イエスの『未知の言葉』に関する一考察—『トマスによる福音書』語録七七再考)
3 原始キリスト教史(最初期のキリスト教共同体
パレスティナから地中海世界へ
地中海世界の諸教会
初期カトリシズムの成立)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 032112012041376 193.5/A 62 2009

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:初期キリスト教の霊性 : 宣教女性異端
一般注記 引用文献: 巻末p10-20
索引あり
著者標目 荒井, 献(1930-) <アライ, ササグ>
件 名 BSH:聖書 -- 新約  全ての件名で検索
BSH:原始キリスト教
NDLSH:神学
分 類 NDC8:193.5
NDC9:193.5
NDC9:192
書誌ID 1001495753
ISBN 9784000234634
NCID BA89888136
巻冊次 ISBN:9784000234634 ; PRICE:2600円+税
登録日 2013.01.10
更新日 2013.01.10

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています