このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:10回

  • 貸出数:11回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
歴史、国家、機構、条約、人権
レキシ コッカ キコウ ジョウヤク ジンケン

責任表示 松田竹男 [ほか] 編集代表
シリーズ 現代国際法の思想と構造 ; 1
データ種別 図書
出版者 東京 : 東信堂
出版年 2012.3
本文言語 日本語
大きさ xiv, 384p ; 22cm
概要 現実と規範—現代国際法の葛藤と動態。国際法の「思想」も「構造」も常に動態の中にある。生起する新たな現実と、形成されてきた伝統的規範との葛藤の下、変動・発展を続ける国際法—眼前の今日的課題を見据えつつ、国際法の生成、自決権、国際機構、国際人権等、国際法の基底的諸問題を分析・考察した本書は、そうした変動する国際法の動態へ読者を導く。原則と現実双方への的確な目配りの下、優れた理論研究を切り拓いてきた松井...授の古稀記念にふさわしい力作論集である。続きを見る
目次 第1部 国際法の生成と領域(フランス革命の国際法原則—グレゴワール「国際法宣言」
幕末期・明治初期の「領域」概念に関する一考察
国際義務の履行基盤としての領域)
第2部 自決権と国家の形成(コソボ共和国における国家形成および国家承認の検討—国家承認制度の位置づけとその役割
残された非自治地域と自決権:再論
未承認国への主権免除の付与について—主権免除法の規律対象からの未承認国の除外について)
第3部 国際機構と条約をめぐる課題(国際機関の利用に供された国家機関の行為の帰属問題と派遣国の責任—国際機関責任条文草案第7条を中心に
国際機構の裁判権免除—機能的必要性と免除の範囲
条約解釈の補足的手段足る準備作業の意義—条約法条約第32条の誕生)
第4部 国際人権法の地平(欧州評議会閣僚委員会による判決執行監視手続き
欧州人権条約における「民主主義」に関する一考察—人権裁判所による「真に民主的な政治体制」の保障を中心に
経済統合と人の自由移動—欧州経済共同体における労働者の自由移動の始まり)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 010112012013611 329.04/Ma 74 2012

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:歴史国家機構条約人権
一般注記 責任表示は奥付による
その他の編集代表: 田中則夫, 薬師寺公夫, 坂元茂樹
松井芳郎先生古稀記念論文集
著者標目 松田, 竹男 <マツダ, タケオ>
田中, 則夫 <タナカ, ノリオ>
薬師寺, 公夫 <ヤクシジ, キミオ>
坂元, 茂樹(1950-) <サカモト, シゲキ>
件 名 BSH:国際法
FREE:松井, 芳郎
分 類 NDC8:329.04
NDC9:329.04
書誌ID 1001492216
ISBN 9784798901176
NCID BB08969658
巻冊次 ISBN:9784798901176 ; PRICE:6200円+税
登録日 2012.11.29
更新日 2012.11.29

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています