このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:12回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
子供の哲学 : 産まれるものとしての身体
コドモ ノ テツガク : ウマレル モノ トシテノ シンタイ

責任表示 檜垣立哉著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 538
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2012.11
本文言語 日本語
大きさ 219p ; 19cm
概要 これまでの哲学が再三にわたって論じてきた「私」という問題。しかしそこには、大きな見落としがあったのではないか?産まれる、子をはらむ、産む、死んでいく、だけど誰かが残る。こうしたことを、それ自身として真正面からとらえる。そのための哲学が、ここからはじまる。
目次 第1章 私と身体をめぐる伝統的議論
第2章 生命としての私へ
第3章 西田幾多郎の他者論と生殖論
第4章 レヴィナスの他者論と生殖論
第5章 私であることと「いのち」の遺伝
第6章 子供とは誰のことか—「自分の子供」概念の脱構築

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112012026883 081.6/Ko 19/(538) 2012

教育 研究室 022112013000176 教育/11B/834 2012

書誌詳細

著者標目 桧垣, 立哉(1964-) <ヒガキ, タツヤ>
件 名 BSH:人間論
BSH:生命倫理
分 類 NDC8:114.2
NDC9:114.2
書誌ID 1001490894
ISBN 9784062585415
NCID BB10664234
巻冊次 ISBN:9784062585415 ; PRICE:1500円+税
登録日 2012.11.13
更新日 2013.05.09

類似資料