このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:6回

  • 貸出数:7回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
誤差論
ゴサロン

責任表示 カール・F. ガウス著 ; 飛田武幸, 石川耕春訳
データ種別 図書
出版者 東京 : 紀伊国屋書店
出版年 1981.5
本文言語 日本語
大きさ 184p ; 22cm
概要 ガウスは自然現象からいかに豊かな数学的法則を導きえたのか。確率論、天文学、測地学などの分野で先導的役割を果たしてきた、ガウス誤差論を初集成。
目次 1 誤差を最小にする観測の組合せ理論
2 誤差を最小にする観測の組合せ理論・補遺
3 円錐曲線で太陽のまわりを回る天体の運動理論
4 Pallasの軌道要素についての研究
5 観測の精密さの決定
6 確率計算の実用的幾何の問題への応用
7 クロノメーターによる経度の決定
8 Ramsden式天頂儀による観測からG ̈ottingenとAltonaの天文台の間の緯度差を決定すること

所蔵情報


理系図1F 開架 031112012001891 417.8/G 27 2011

書誌詳細

別書名 原タイトル:Theoria combinationis observationum, erroribus minimis obnoxiae.
一般注記 著者の肖像あり
著者標目 Gauss, Carl Friedrich, 1777-1855 著
飛田, 武幸(1927-) 訳 <ヒダ, タケユキ>
石川, 耕春 訳 <イシカワ, タカハル>
件 名 NDLSH:誤差論
分 類 NDC8:417.8
NDLC:MA251
書誌ID 1001489673
ISBN 9784314010825
NCID BN00447427
巻冊次 ISBN:9784314010825 ; PRICE:3500円+税
NBN JP81030229
登録日 2012.11.01
更新日 2012.11.01

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています