このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:12回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
外交官の誕生 : 近代中国の対外態勢の変容と在外公館
ガイコウカン ノ タンジョウ : キンダイ チュウゴク ノ タイガイ タイセイ ノ ヘンヨウ ト ザイガイ コウカン

責任表示 箱田恵子著
データ種別 図書
出版者 名古屋 : 名古屋大学出版会
出版年 2012.2
本文言語 日本語
大きさ vi, 353, 23p ; 22cm
概要 科学官僚の帝国で、いかにして近代外交の担い手は生まれたのか。清末の公使館や領事館の開設はゴールではない。在外公館を孵化器に職業外交官が形成されていく過程を、個々の外交交渉のみならず、人事の実態を含めて把握することで、近代中国外交の展開と特質を浮き彫りにする。
目次 第1部 清朝在外公館の設立(清朝による常駐使節の派遣
清朝による領事館の設立とその特徴)
第2部 一八八〇年代以降における中国外交の変化(在外華人保護の動きとその限界—駐米公使・張蔭桓の移民問題に関する対米交渉を例として
清朝外交のイメージの形成—清英「ビルマ・チベット協定」(一八八六年)を例として
「遠略に勤めざるの誤りを論ず」—薛福成による新しい清朝外交の追求)
第3部 「外交官」の誕生とその特徴(在外公館における外交人材の養成—日清戦争までを中心に
外交制度改革と在外公館—日露戦争後の人事制度改革を中心として
「外交官」たちの国際認識)
領事館の増設とその意味—陸徴祥によるオランダとの領事館設立交渉を中心に

所蔵情報


中央図 4A 010112012010816 319.22/H 18 2012

理系図1F 開架 032112012021715 319.22/H 18 2012

文 東史(研究室) 021112012019950 東史/44A/273 2012

書誌詳細

一般注記 参考文献: 巻末p9-23
著者標目 *箱田, 恵子(1975-) <ハコダ, ケイコ>
件 名 NDLSH:外交官 -- 中国 -- 歴史 -- 清時代  全ての件名で検索
NDLSH:中国 -- 外国関係 -- 歴史 -- 清時代  全ての件名で検索
分 類 NDC9:319.22
書誌ID 1001489326
ISBN 9784815806873
NCID BB07946351
巻冊次 ISBN:9784815806873 ; PRICE:6200円+税
登録日 2012.10.30
更新日 2013.02.26

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています