このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:19回

  • 貸出数:9回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
日本労使関係史 : 1853-2010
ニホン ロウシ カンケイ シ : 1853 2010

責任表示 アンドルー・ゴードン著 ; 二村一夫訳
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2012.8
本文言語 日本語
大きさ xvii, 537p : 挿図 ; 22cm
概要 1980年代に「日本型雇用システム」として世界的に喧伝された雇用形態、すなわち「終身雇用」「年功序列型賃金制」「企業福祉」「企業別労働組合」といったシステムはどのように形成され、現在に至ったのか。労働者・経営者・官僚の相互関係に注目し、彼らが目的・利害をめぐって争い、妥協してきた幕末開港から1950年代までの過程を分析して1985年に刊行された英語版に、2010年までの変容を増補し、150年に亘る...本労使関係を描いた決定版。続きを見る
目次 第1部 産業革命期の労働者と経営者(工業労働者の組織化
温情主義と直接的管理
労務管理改革と労働運動—1917〜1921)
第2部 労働者と経営者—戦間期における雇用制度(渡り職工の消滅?—採用と長期雇用
賃金制度の複雑化
企業共同体—会社、組合、労働者階級)
第3部 戦時の労使関係と政府(長期雇用と統制賃金
産報—労働組合不在の労働者組織)
第4部 戦後の決着(組合主導の労使関係
経営主導の労使関係)
第5部 労使関係—高度成長期とその後(日本型労使関係のヘゲモニー
日本型労使関係の終焉?)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 032112012024460 366.5/G 67 2012

中央図 自動書庫 025112012003276 366.5/G 67/20120327 2012

中央図 自動書庫 025112013001995 366.5/G 67/20130199 2012

書誌詳細

別書名 原タイトル:The evolution of labor relations in Japan : heavy industry, 1853-1955
異なりアクセスタイトル:日本労使関係史1853-2010
一般注記 原著 (Council on East Asian Studies, Harvard University, 1985) の日本語訳に、第V部を加え結論を補訂した、原著の改訂増補版
主要参考文献一覧: p518-523
著者標目 Gordon, Andrew, 1952-
二村, 一夫(1934-) <ニムラ, カズオ>
件 名 BSH:労使関係
NDLSH:労使関係 -- 日本 -- 歴史 -- 明治以後  全ての件名で検索
NDLSH:労働問題 -- 日本 -- 歴史 -- 明治以後  全ての件名で検索
分 類 NDC9:366.5
NDC9:366.02
書誌ID 1001485967
ISBN 9784000242936
NCID BB09899445
巻冊次 ISBN:9784000242936 ; PRICE:8000円+税
登録日 2012.09.19
更新日 2013.07.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています