このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:12回

  • 貸出数:9回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
ドイツ観念論 : カント・フィヒテ・シェリング・ヘーゲル
ドイツ カンネンロン : カント フィヒテ シェリング ヘーゲル

責任表示 村岡晋一著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 531
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2012.8
本文言語 日本語
大きさ 256p ; 19cm
概要 近代的思考の基礎を作ったドイツ観念論の四人の代表的哲学者。彼らの思想の核心には、歴史の「これから」におのれの身一つで踏み出す勇気と決断があった。先達の思想を受け継ぎ、かつ乗り越えて行くダイナミックな思想の歩みを、これまでになく平易かつ明快に解説する。
目次 序章 ドイツ観念論とは?
第1章 カント『純粋理性批判』の「歴史哲学」(孤独な「私」から「われわれ」の共同体へ
存在とは規則性である
『世界市民という視点からみて普遍史の理念』
カントの「関係性の哲学」とラインホルとの「基礎哲学」)
第2章 フィヒテの『知識学』—フランス革命の哲学(自由の体系は可能か
人間精神の実用的歴史)
第3章 シェリング—自然史と共感の哲学者(自然史と同種性の原理
自己意識の前進的歴史
同一哲学とヘーゲルの批判
ドイツ観念論以後のシェリング—「悪の形而上学」と「世界時間論」)
第4章 ヘーゲル『精神現象学』—真理は「ことば」と「他者」のうちに住む(『精神現象学』の成立と特徴
感覚的確信—語られたものだけが真理である
主人と奴隷の弁証法—他者との共存は可能か
ギリシアのポリス—“われわれ”としての精神
ヘーゲルとフランス革命
道徳—歴史を創造する主体
宗教—神はみずから死にたもう
絶対知—「いま」「ここで」“それでよい”と語ること)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112012014495 081.6/Ko 19/(531) 2012

中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112012022593 081.6/Ko 19/(531) 2012

言文 独語 032112012015740 081.6/Ko 19/(531) 2012

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:ドイツ観念論 : カントフィヒテシェリングヘーゲル
一般注記 引用文献: p243-248
参考文献: p249-252
索引: p253-256
著者標目 村岡, 晋一(1952-) <ムラオカ, シンイチ>
件 名 BSH:ドイツ観念論
NDLSH:Kant, Immanuel (1724-1804)
NDLSH:Fichte, Johann Gottlieb (1762-1814)
NDLSH:Schelling, Friedrich Wilhelm Joseph von (1775-1854)
NDLSH:Hegel, Georg Wilhelm Friedrich (1770-1831)
分 類 NDC8:134.3
NDC9:134.3
書誌ID 1001484061
ISBN 9784062585347
NCID BB09919859
巻冊次 ISBN:9784062585347 ; PRICE:1600円+税
登録日 2012.08.22
更新日 2012.11.01

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています