このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:292回

  • 貸出数:83回
    (1年以内の貸出数:10回)

<図書>
圏外に立つ法/理論 : 法の領分を考える
ケンガイ ニ タツ ホウ リロン : ホウ ノ リョウブン オ カンガエル

責任表示 江口厚仁, 林田幸広, 吉岡剛彦編
データ種別 図書
出版者 京都 : ナカニシヤ出版
出版年 2012.4
本文言語 日本語
大きさ xiv, 322p ; 20cm
概要 法とは何か?法の境界は何処にあるのか?法の圏外からの他者のうめき声を聴く。
目次 序章 法化論—未完のプロジェクト
第1章 「死別の悲しみ」と金銭賠償—法は死者を悼みうるか
第2章 法は紛争解決を約束できるか
第3章 司法参加と「法の限界」—われわれはどこまで法と折り合うことができるのか
第4章 おっぱいへの権利!—「見た目」に関する悩みや望みを、法は保護すべきだろうか
第5章 近代ウィーンの「子どもの流通」—今、社会的子育ては展望できるか
第6章 公共空間におけるパフォーマンスと法—都市の中心で「I」をどこまで叫べるか
第7章 アーキテクチャ批判(の困難さ)への“いらだち”—近代法主体の「退場」に抗すべき理由はあるか
第8章 教育コミュニティと法—われわれが学校に参加する条件とは何か

所蔵情報


中央図 4A 010112012018182 321.3/E 33 2012

中央図 4A 010112013018031 321.3/E 33 2012

中央図 4C_1‐135 [法] 024112012501803 Bj 30/E/6 2012

中央図 自動書庫 024112015004042 Bj 30/E/6A 2014

法科院(Law School) 024112012003275 Bj 30/E/3 2012

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:圏外に立つ法理論 : 法の領分を考える
一般注記 文献あり
著者標目 江口, 厚仁(1959-) <エグチ, アツヒト>
林田, 幸広(1971-) <ハヤシダ, ユキヒロ>
吉岡, 剛彦(1972-) <ヨシオカ, タケヒコ>
件 名 BSH:法社会学
NDLSH:法律学
分 類 NDC8:321.3
NDC9:321.3
NDC9:321
書誌ID 1001481498
ISBN 9784779506116
NCID BB08989553
巻冊次 ISBN:9784779506116 ; PRICE:2400円+税
登録日 2012.07.18
更新日 2015.08.27

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています