このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:191回

  • 貸出数:14回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
桂太郎 : 外に帝国主義、内に立憲主義
カツラ タロウ : ソト ニ テイコク シュギ ウチ ニ リッケン シュギ

責任表示 千葉功著
シリーズ 中公新書 ; 2162
データ種別 図書
出版者 東京 : 中央公論新社
出版年 2012.5
本文言語 日本語
大きさ iv, 246p : 挿図, 肖像, 地図 ; 18cm
概要 日本最長の八年に及ぶ首相在任期間を誇る桂太郎。三度の政権下、日露戦争、韓国併合と、外には帝国主義政策を断行、内には伊藤博文らの次世代として、最後には政党結政に動く。山県有朋の“傀儡”と、低く評価されてきた桂だが、軍人出身ながら、軍の予算を抑制、国家全体の利益を最優先し、緊縮財政を追求し続ける。時代の制約の中、「ニコポン」と呼ばれた調整型政治家が求めたものは何か—。その全貌を描く。
目次 第1章 戊辰戦争、留学を経て陸軍官僚へ
第2章 政治家への道程—従軍、植民地統治、陸相
第3章 日露戦争に向けて—第一次桂内閣の外交と内政
第4章 日露戦争と桂園体制の成立—「準元老」への飛躍
第5章 第二次桂内閣と「桂園体制」の特質
第6章 大正政変前夜—「遅れてきた元老」として
第7章 桂新党—「立憲統一党」から「立憲同志会」へ
第8章 桂のいちばん長い日—一九一三年二月一〇日

所蔵情報


理系図2F 文庫新書 032112012004505 中公新書 2012

芸工新書 2階 050112012002426 312/Ka88 2012

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:桂太郎 : 外に帝国主義内に立憲主義
一般注記 主要参考文献: p239-242
桂太郎年譜: p244-246
著者標目 千葉, 功(1969-) <チバ, イサオ>
件 名 NDLSH:桂, 太郎, 1847-1913
分 類 NDC8:289.1
NDC9:289.1
書誌ID 1001477822
ISBN 9784121021625
NCID BB09182881
巻冊次 ISBN:9784121021625 ; PRICE:820円+税
登録日 2012.05.30
更新日 2012.05.30

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています