このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:8回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
戦前昭和の国家構想
センゼン ショウワ ノ コッカ コウソウ

責任表示 井上寿一著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 528
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2012.5
本文言語 日本語
大きさ 243p : 挿図, 肖像 ; 19cm
概要 関東大震災の三年後に始まった戦前昭和とは、審災復興=国家再建の歴史だった。社会主義、議会主義、農本主義、国家社会主義という四つの国家構想が、勃興しては次の構想に移っていく展開の過程として、戦前昭和を再構成する。
目次 1 社会主義(最先端の知のモード
“革命”の希望
普通の衝撃
“革命”の挫折)
2 議会主義(「昭和維新」
二大政党制の展開
議会主義に対する懐疑
二大政党制の崩壊)
3 農本主義(農本主義—歴史的伝統の再発見
危機のなかの農本主義
五・一五事件
農本主義から「ファシズム」へ)
4 国家社会主義(「独裁政治」対政党政治
新党構想
新体制の形成
新体制の現実)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112012003364 081.6/Ko 19/(528) 2012

書誌詳細

一般注記 参考文献: p233-238
著者標目 井上, 寿一(1956-) <イノウエ, トシカズ>
書誌ID 1001476908
ISBN 9784062585316
NCID BB09070334
巻冊次 ISBN:9784062585316 ; PRICE:1600円
登録日 2012.05.15
更新日 2012.05.15

この資料を借りた人はこんな資料も借りています