このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:10回

  • 貸出数:6回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
近代国家の形成
キンダイ コッカ ノ ケイセイ

責任表示 明治維新史学会編
シリーズ 講座明治維新 / 明治維新史学会編 ; 4
データ種別 図書
出版者 東京 : 有志舎
出版年 2012.3
本文言語 日本語
大きさ viii, 296p ; 22cm
概要 廃藩置県によって中央集権国家を誕生させた明治政府は、欧米列強と対峙できるような国家の建設を目指して、次々と近代化(西洋化)政策を強行していく。しかし、そのなかで政府内部の対立も激化、士族や民衆の不満も鬱積していき、ついには征韓論政変・西南戦争・自由民権運動の勃興といった激震が政府を見舞った。やがて明治14年政変によって立憲政体への道が示されていく、近代国家建設を目指した熱い時代を多くの論点から描き...す。続きを見る
目次 総論 近代国家の形成
1 文明開化政策の展開
2 征韓論政変と大久保政権
3 近代化と士族—士族反乱の歴史的位置
4 自由民権運動と明治一四年の政変
5 太政官制の構造と内閣制度
6 国境の画定
7 明治天皇の形成

所蔵情報


中央図 2C_74‐89 [文/国史] 021112012000224 国史/3C/2372 2012

書誌詳細

一般注記 文献目録: p269-296
著者標目 明治維新史学会 <メイジ イシンシ ガッカイ>
件 名 BSH:明治維新
分 類 NDC8:210.61
NDC9:210.61
書誌ID 1001474806
ISBN 9784903426549
NCID BB08619656
巻冊次 ISBN:9784903426549 ; PRICE:3400円+税
登録日 2012.04.13
更新日 2012.04.13

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています