このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:15回

  • 貸出数:16回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
ジャーナリズムの政治社会学 : 報道が社会を動かすメカニズム
ジャーナリズム ノ セイジ シャカイガク : ホウドウ ガ シャカイ オ ウゴカス メカニズム

責任表示 伊藤高史著
シリーズ Sekaishiso seminar
データ種別 図書
出版者 京都 : 世界思想社
出版年 2010.4
本文言語 日本語
大きさ v, 256p ; 19cm
概要 メディアと権力のダイナミズムをとらえなおす。薬害エイズ事件、桶川ストーカー事件、栃木リンチ殺人事件、ウォーターゲート事件—メディアが社会を動かすとき、その背景にジャーナリストの「熱い闘争」がある。報道の構造と力を、新たな理論モデルの構築を通じて描きだす注目作。
目次 序章 ジャーナリズムの政治社会学
第1章 ジャーナリズムが社会を動かすメカニズム—政治社会学的ジャーナリズム研究と正当性モデル
第2章 ウォーターゲート事件—ジャーナリズムの神話
第3章 栃木リンチ殺人事件—「主張」を「事実」にする力
第4章 桶川ストーカー事件—ジャーナリズムの界の力
第5章 薬害エイズ事件(1)—孤立したスクープ
第6章 薬害エイズ事件(2)—情報戦とジャーナリズムの界
第7章 民主主義社会とジャーナリズムの課題—まとめと補足

所蔵情報


中央図 4A 010112011028446 070.14/I 89 2010

書誌詳細

一般注記 文献: p241-245
著者標目 伊藤, 高史(1967-) <イトウ, タカシ>
件 名 BSH:ジャーナリズム
BSH:政治社会学
分 類 NDC8:070.14
NDC9:070.14
書誌ID 1001471898
ISBN 9784790714682
NCID BB01789206
巻冊次 ISBN:9784790714682 ; PRICE:2200円+税
登録日 2012.03.13
更新日 2012.03.13

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています