このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:190回

  • 貸出数:20回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
日本人の死生観を読む : 明治武士道から「おくりびと」へ
ニホンジン ノ シセイカン オ ヨム : メイジ ブシドウ カラ 「オクリビト」 エ

責任表示 島薗進著
シリーズ 朝日選書 ; 885
データ種別 図書
出版者 東京 : 朝日新聞出版
出版年 2012.2
本文言語 日本語
大きさ 244p ; 19cm
概要 幅広く活躍する宗教学者が、柳田国男・折口信夫、吉田満、宮沢賢治などの作品をもとに、日本人の死の受容の変遷を読み解く。
目次 第1章 「おくりびと」と二一世紀初頭の死生観
第2章 死生観という語と死生観言説の始まり
第3章 死生観を通しての自己確立
第4章 「常民」の死生観を求めて
第5章 無惨な死を超えて
第6章 がんに直面して生きる

所蔵情報


中央図 4A 010112011025476 114.2/Sh 45 2012

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:日本人の死生観を読む : 明治武士道からおくりびとへ
著者標目 島薗, 進(1948-) <シマゾノ, ススム>
件 名 BSH:生と死
分 類 NDC9:114.2
書誌ID 1001470711
ISBN 9784022599858
NCID BB08279897
巻冊次 ISBN:9784022599858 ; PRICE:1400円+税
登録日 2012.03.02
更新日 2012.03.02

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています