このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:2回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
聖武天皇が造った都 : 難波宮・恭仁宮・紫香楽宮
ショウム テンノウ ガ ツクッタ ミヤコ : ナニワノミヤ クニノミヤ シガラキノミヤ

責任表示 小笠原好彦著
シリーズ 歴史文化ライブラリー ; 339
データ種別 図書
出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 2012.3
本文言語 日本語
大きさ 7, 276p : 挿図 ; 19cm
概要 奈良時代、聖武天皇は難波宮・京を再興し、ついで突然に平城京を出ると、恭仁宮・京、紫香楽宮を造営し、五年にわたり、これらの都城を転々とした。今なお謎の多いこの行動を、最新の発掘成果と唐の三都制をもとに読み解く。
目次 複都制の都—プロローグ
難波宮・京の造営
恭仁宮・京への遷都と造営
紫香楽宮と盧舎那仏の造立
甲賀宮の造営と遷都
聖武天皇による都城の造営と三都制
甲賀宮の造営と遷都の背景—エピローグ

所蔵情報


芸工3階 050112011017086 208/R25/339 2012

書誌詳細

一般注記 参考文献: p275-276
著者標目 小笠原, 好彦(1941-) <オガサワラ, ヨシヒコ>
件 名 BSH:日本 -- 歴史 -- 奈良時代  全ての件名で検索
BSH:難波宮
BSH:恭仁宮
BSH:紫香楽宮
分 類 NDC8:210.3
NDC8:210.35
書誌ID 1001470691
ISBN 9784642057394
NCID BB0837898X
巻冊次 ISBN:9784642057394 ; PRICE:1800円+税
登録日 2012.03.02
更新日 2012.03.02

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています