このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:32回

  • 貸出数:8回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
数学者たちはなにを考えてきたか : 見えてくる数学の歴史
スウガクシャ タチ ワ ナニ オ カンガエテ キタカ : ミエテ クル スウガク ノ レキシ

責任表示 仙田章雄著
データ種別 図書
出版者 東京 : ベレ出版
出版年 2010.11
本文言語 日本語
大きさ 255p : 挿図 ; 19cm
概要 「数学って役に立つんですか?」そんな質問にだって答えたい。数学が好きだから、数学の魅力を伝えたい。そんな思いを胸に秘め、ピタゴラス、ガウス、デカルト、ラマヌジャンなど、多くの数学者の足跡をたどる旅をしてきた著者が、古代エジプト、メソポタミアに始まりアラビア、インド、ヨーロッパ、そして中国、日本まで、それぞれの時代にそれぞれの数学者たちがどんなことを考えて、どのように数学が発展してきたのかを易しく語...続きを見る
目次 第1章 数学前史—それは学ぶべきものだった
第2章 中世の数学事情
第3章 「数」から「数学」へ
第4章 18世紀から19世紀の数学者
第5章 日本の数学者
第6章 そもそも数学とはどんな学問なのか
第7章 現代数学ではなにが問題になっているのか
第8章 数学者という人々とその世界

所蔵情報


理系図1F 開架 031112011011154 410.2/Se 58 2010

書誌詳細

別書名 奥付タイトル:数学者たちはなにを考えてきたか
一般注記 参考文献: p254-255
著者標目 仙田, 章雄(1949-) <センダ, アキオ>
件 名 BSH:数学 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:数学者
分 類 NDC8:410.2
NDC9:410.2
書誌ID 1001469828
ISBN 9784860642747
NCID BB04159419
巻冊次 ISBN:9784860642747 ; PRICE:1500円+税
登録日 2012.02.27
更新日 2012.02.27

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています