このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:15回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
分散分析超入門 : 誤差は必然か、偶然か?
ブンサン ブンセキ チョウニュウモン : ゴサ ワ ヒツゼン カ グウゼンカ

責任表示 前野昌弘著
シリーズ 知識ゼロでもわかる統計学
データ種別 図書
出版者 東京 : 技術評論社
出版年 2011.11
本文言語 日本語
大きさ 159p ; 21cm
概要 データのバラツキは偶然?一番影響を与える因子はどれ?誤差ってなに?—。
目次 第1章 検定の復習(母平均の検定、適合度の検定など)(検定の判断基準
第一種の誤りと第二種の誤り
異常値の検定)
第2章 バラツキを解析する(分散分析の原理
繰り返しで実験が行われた場合の分散分析)
第3章 2要因の効果を検証する—二元配置の分散分析(繰り返しのない二元配置の分散分析
有意水準と信頼区間
因子間の相乗効果)
第4章 3要因の効果を検証する—三元配置の分散分析(因子の水準間組み合わせ
交互作用の解釈
実験データをマトリックスにする)
続きを見る

所蔵情報


芸工2階 050112011014585 417/Ma27 2011

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:分散分析超入門 : 誤差は必然か偶然か
一般注記 参考文献あり
著者標目 前野, 昌弘(1928-) <マエノ, マサヒロ>
件 名 NDLSH:数理統計学
分 類 NDC9:417
NDLC:MA211
書誌ID 1001466110
ISBN 9784774148618
NCID BB07410238
巻冊次 ISBN:9784774148618 ; PRICE:1980円+税
登録日 2012.01.30
更新日 2012.01.30

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています