このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:204回

  • 貸出数:43回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
非協力ゲーム理論
ヒキョウリョク ゲーム リロン

責任表示 グレーヴァ香子著
シリーズ 数理経済学叢書 ; 1
データ種別 図書
出版者 東京 : 知泉書館
出版年 2011.5
本文言語 日本語
大きさ xiv, 356p ; 23cm
概要 ゲーム理論の対象としては複数の意思決定者が存在して社会を構成し、彼らの意思決定が結果に直結する状況が、数学的、論理的分析に最適である。その場合、意思決定者は各自独立に意思決定し行動するか、複数の意思決定者が一つのグループとして行動するかの二つに分けられる。本書は前者の各自の意思決定と行動を分析する非協力ゲームを対象とする。これは複数の意思決定者の間で拘束的な合意が形成できないことを意味する。ミクロ...済学では意思決定者である企業や消費者の間で拘束的な合意ができない状況が現実的であり、非協力ゲーム理論の応用にも適している。著者は理論的な学問は完全に分かるか、分からないかのどちらかしかないと考える。完全に分かるとは用語を正しく理解し、理論の主張に至る論理をすべて理解することである。本書は完全な理解を目指し、厳密な理論を分かりやすく説明するため、表現上の工夫や事例に配慮し、多様な練習問題により確実な理解への道を示す。続きを見る
目次 第1章 ゲームとは
第2章 戦略的支配
第3章 ナッシュ均衡
第4章 後ろ向きの帰納法
第5章 部分ゲーム完全均衡
第6章 ベイジアン・ナッシュ均衡
第7章 完全ベイジアン均衡
第8章 均衡の精緻化
第9章 均衡選択
第10章 進化的安定性

所蔵情報


中央図 4A 010112015004161 331.19/G 95 2013

理系図3F 数理独自 033112012000320 GREV/10/1A 2011

経 研究室 025112011005647 331.19/G 95/20110564 2011

数理 雑誌室 033112012000317 GREV/10/1 2011

書誌詳細

別書名 その他のタイトル:Non-cooprative game theory
一般注記 その他のタイトルはジャケットによる
第2刷 (2013.4) の頁数: 354p
参考文献: p[343]-352
第2刷 (2013.4) の参考文献: p[341]-350
著者標目 グレーヴァ, 香子 <グレーヴァ, タカコ>
件 名 BSH:ゲーム理論
分 類 NDC9:331.19
書誌ID 1001463860
ISBN 9784862851079
NCID BB05789820
巻冊次 ISBN:9784862851079 ; PRICE:4400円+税
登録日 2012.01.05
更新日 2015.05.27

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています