このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:32回

  • 貸出数:8回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
低温「ふしぎ現象」小事典 : 0℃~絶対零度で何が起こるか?
テイオン フシギ ゲンショウ ショウジテン : 0℃ ゼッタイ レイド デ ナニ ガ オコルカ

責任表示 低温工学・超電導学会編
シリーズ ブルーバックス ; B-1751
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2011.12
本文言語 日本語
大きさ 249, vp : 挿図 ; 18cm
概要 凍った魚が蘇る「生体冷凍保存術」。最高の美味を極める「冷凍と解凍の科学」。本当は恐ろしい「低体温症」の話。無風なのに真横に煙がたなびく南極大陸の怪奇。ダークマターを捉える超ヘビー級の低温液体。電気抵抗がゼロになる「超電導」や、壁を這い上がる忍者液体「超流動」。氷点下をはるかに下回る世界で、なぜ「ふしぎ現象」が生じるのか、低温技術で何ができるかを網羅した「温度別」読む事典。
目次 1章 低温の世界へようこそ—常温〜−20°C(天然のウォータークーラー—レトロ技術でどこまで冷える?
アインシュタインが考案した冷蔵庫 ほか)
2章 「極寒の大陸」南極の低温世界—−1.4°C〜−78°C(南極海で「凍らない魚」を発見!
「氷山の一角」が60m!? ほか)
3章 極低温技術の驚異—−108°C〜−269°C(超ヘビー級の低温液体でダークマターを捉える
LNGの利用は「効率」が命 ほか)
4章 「永久気体」も凍りつく—4K〜2.2K(そして“永久気体”も液体になった
“永久液体”の正体 ほか)
5章 究極の低温—1K〜0K(同位体を使って絶対零度に迫る—希釈冷却の秘密
絶対零度まであと一歩!—ヘリウムのもう一つの顔 ほか)

所蔵情報


中央図 自動書庫 010112011018038 ブルーバックス//B1751 2011

理系図2F 文庫新書 031112011009935 ブルーバックス//B1751 2011

芸工新書 2階 050112011012530 426/Te26 2011

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:低温ふしぎ現象小事典 : 0℃絶対零度で何が起こるか
一般注記 参考文献: p245-246
著者標目 低温工学・超電導学会 <テイオン コウガク チョウデンドウ ガッカイ>
件 名 BSH:低温工学
分 類 NDC8:533.8
書誌ID 1001463635
ISBN 9784062577519
NCID BB07727697
巻冊次 ISBN:9784062577519 ; PRICE:900円+税
登録日 2011.12.27
更新日 2012.01.05

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています