このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:20回

  • 貸出数:5回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
森里海 (もりさとうみ) 連環学 : 森から海までの統合的管理を目指して : 東日本大震災の復興の中で
モリ サト ウミ レンカンガク : モリ カラ ウミ マデノ トウゴウテキ カンリ オ メザシテ : ヒガシニホン ダイシンサイ ノ フッコウ ノ ナカ デ

責任表示 京都大学フィールド科学教育研究センター編
データ種別 図書
改訂増補
出版者 京都 : 京都大学学術出版会
出版年 2011.9
本文言語 日本語
大きさ xvi(図版共), 370p : 挿図 ; 21cm
概要 森を扱うのは森林学、海を扱うのは海洋学、川を扱うのは河川工学...。細分化された枠組が、環境のトータルな理解を妨げている。しかし森と海は繋がっているのだ。森林を整備すると下流の海が豊かになる。漁民なら昔から知っていたこれらの智恵を科学し、環境の総合的理解と統合的管理を目指す新しい学問を創造する。
目次 1部 森・里・海の循環学(連環する環、連環しない環
森をめぐる物質循環
海を守る森
河川の構造と生態系
モニタリングと沿岸環境の保全
「森から海まで」の統合的管理をめざして)
2部 森・里・海とヒトの相互作用(森と水、人と自然
森は海の恋人)
3部 森・里・海の法と経済(森から海までの統合的管理と法制度
森から海までの環境経済学)
「森・里・海」の発想とは何か
続きを見る

所蔵情報


中央図 自動書庫 025112013006945 656.5/Ky 6/20130694 2013

理系図2F 開架 031112011008945 656.5/Ky 6 2011

筑紫図 060112011004535 656.5/Ky 6 2011

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:森里海連環学 : 森から海までの統合的管理を目指して : 東日本大震災の復興の中で
一般注記 監修: 山下洋
より深く学ぶための参考文献, 引用文献あり
著者標目 京都大学フィールド科学教育研究センター <キョウト ダイガク フィールド カガク キョウイク ケンキュウ センター>
山下, 洋 <ヤマシタ, ヨウ>
件 名 NDLSH:森林影響学
NDLSH:自然保護
NDLSH:生態学
分 類 NDC8:656.5
書誌ID 1001462368
ISBN 9784876985814
NCID BB06728639
巻冊次 ISBN:9784876985814 ; PRICE:2800円+税
登録日 2011.12.09
更新日 2014.03.10

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています