このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:86回

  • 貸出数:30回
    (1年以内の貸出数:4回)

<図書>
ダニエル・カーネマン心理と経済を語る
ダニエル・カーネマン シンリ ト ケイザイ オ カタル

責任表示 ダニエル・カーネマン著 ; 山内あゆ子訳
データ種別 図書
出版者 東京 : 楽工社
出版年 2011.3
本文言語 日本語
大きさ 231p : 挿図 ; 20cm
概要 ノーベル経済学賞受賞者にして、行動経済学の創始者が、自らの研究を初めて語る。予備知識なしでもわかる、行動経済学入門の決定版。
目次 第1章 ノーベル賞記念講演限定合理性の地図(知覚が、直接利用できる特徴と、直接利用できない特徴がある
直感は高度なことをするが、系統だったバイアスやエラーも犯す ほか)
第2章 自伝(幼少期
青春時代 ほか)
第3章 効用最大化と経験効用(現在の感情状態の影響
選択状況の影響 ほか)
第4章 主観的な満足の測定に関する進展(主観的経験の測定原理と、実験室での測定
生活上の満足と幸せについての調査 ほか)

所蔵情報


中央図 4A 010112012024588 331/Ka 19 2012

芸工 研究室 050112011010081 331/Ka19 2011

書誌詳細

別書名 表紙タイトル:Nobel prize lecture and other essays
原タイトル:Maps of bounded rationality
原タイトル:Autobiography
原タイトル:Anomalies : utility maximization and experienced utility
原タイトル:Developments in the measurements of subjective well-being
異なりアクセスタイトル:ダニエルカーネマン心理と経済を語る
異なりアクセスタイトル:ダニエル・カーネマン : 心理と経済を語る
一般注記 監訳: 友野典男
ダニエル・カーネマンの, ノーベル賞受賞記念講演 (第1章), ノーベル賞受賞時に発表された自伝 (第2章), カーネマンの行動経済学に関する論文のうち, 一般読者にも分かりやすいもの二本 (第3, 4章) を訳出して一冊の本として編集したもの
参考文献: p217-228
ダニエル・カーネマン年譜: p64-65
著者標目 Kahneman, Daniel, 1934-
山内, あゆ子 <ヤマノウチ, アユコ>
友野, 典男(1954-) <トモノ, ノリオ>
件 名 BSH:行動経済学
分 類 NDC8:331
NDC9:331
書誌ID 1001460878
ISBN 9784903063485
NCID BB05119205
巻冊次 ISBN:9784903063485 ; PRICE:1900円+税
登録日 2011.11.28
更新日 2011.11.28

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています