このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:43回

  • 貸出数:35回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
量子力学
リョウシ リキガク

責任表示 湯川秀樹 [ほか] 著
シリーズ 現代物理学の基礎 ; 3-4
データ種別 図書
出版者 東京 : 岩波書店
出版年 2011
本文言語 日本語
大きさ 2冊 ; 22cm
概要 湯川の手になる前期量子論から量子力学の成立にいたる過程の解説を経て、以下、実験事実と理論的要請から波動力学を導き、量子力学の基本構成を解説する。さらに摂動論や相対論との関係を議論する。そして多体系への適用から場の理論へと進む。随所に独創的な視点からの記述が施され、今日においても示唆に富む教科書となっている。
量子力学の基本構成を論じた「量子力学1」につづき、散乱理論、量子力学の数学的構造、情報の物理...の関係について解説する。同時に、量子力学が完全に閉じた物理理論として確立するためには、何が必要なのかを論じる。そのうえで、量子力学的世界像はどうあるべきか、観測理論、そして実在論・時間論という二つの観点から考察する。続きを見る
目次 1 歴史的序論(古典物理学から量子力学へ)
2 量子力学の構成(波動力学の導入
量子力学の形成
量子力学の基礎体系)
3 量子力学の展開(典型的な状態の構造
近似法
量子力学と相対論
力学系の対称性)
4 多粒子系と場(多粒子系の量子力学
場の量子論
拘束のある系に対する正準理論)
5 量子力学における散乱理論(散乱理論
衝突過程
散乱振幅の解析的性質)
6 量子力学の構造(状態と力学変数
運動の法則
無限自由度の問題)
7 量子力学と情報の物理学(微視的世界の情報とその論理)
8 量子力学的世界像(観測の理論
実在論と時間論)
続きを見る

所蔵情報

1 : 新装版 理系図1F 開架 031112011013437 420.8/G 34 2011
1 : 新装版 中分セ 研究室 060112011002706 420.8/I 95 2011
2 : 新装版 理系図1F 開架 031112011013440 420.8/G 34 2011
2 : 新装版 中分セ 研究室 060112011002810 420.8/I 95 2011

書誌詳細

一般注記 1: その他の著者: 並木美喜雄, 江沢洋, 豊田利幸, 高木修二, 田中正, 位田正邦
1: 文献・参考書: p[661]-673
2: その他の著者: 並木美喜雄, 位田正邦, 豊田利幸, 江沢洋
2: 文献・参考書: p[603]-617
著者標目 湯川, 秀樹(1907-1981) <ユカワ, ヒデキ>
並木, 美喜雄(1925-) <ナミキ, ミキオ>
江沢, 洋(1932-) <エザワ, ヒロシ>
豊田, 利幸(1920-) <トヨダ, トシユキ>
高木, 修二(1923-) <タカギ, シュウジ>
田中, 正(1928-) <タナカ, ショウ>
位田, 正邦(1933-) <イダ, マサクニ>
件 名 BSH:物理学
BSH:量子力学
分 類 NDC8:420.8
NDC9:420.8
書誌ID 1001458956
ISBN 9784000298032
NCID BB07002876
巻冊次 1 : 新装版 ; ISBN:9784000298032 ; PRICE:7800円+税
2 : 新装版 ; ISBN:9784000298049 ; PRICE:7800円+税
登録日 2011.11.01
更新日 2012.03.28

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています