このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:15回

  • 貸出数:6回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
ペニシリンはクシャミが生んだ大発見 : 医学おもしろ物語25話
ペニシリン ワ クシャミ ガ ウンダ ダイハッケン : イガク オモシロ モノガタリ 25ワ

責任表示 百島祐貴著
シリーズ 平凡社新書 ; 508
データ種別 図書
出版者 東京 : 平凡社
出版年 2010.2
本文言語 日本語
大きさ 239p ; 18cm
概要 聴診器、レントゲン、輸血、ワクチン、麻酔...今では私たちが当たり前に恩恵を受ける医療技術の数々。その進歩の陰には、不屈の医師たちの人間ドラマがあった。時代の通説との葛藤、自らの命を賭した人体実験、思わぬ失敗が生んだ発見、研究者間の熾烈な競争など、25の物語を通して知る、医学史のおもしろ裏話。医学の発展は三分の努力と七分の偶然から!?瞠目のサイエンス進化論。
目次 第1部 診断編(何でも測らないと気がすまない男—体温測定
秘めた恋を脈で診断—脈拍測定
初めて測ったのは牧師—血圧測定
電話ごっこを見てひらめいた—聴診器
若旦那の趣味が昂じて—顕微鏡
細菌学の巨人の大失策—ツベルクリン反応
人類初体験の透視する見えない光—エックス線(X線)
深夜の極秘人体実験—心臓カテーテル検査
二重らせんのダーク・レディ—DNA
大道芸がヒント—胃カメラ(胃内視鏡)
ビートルズが支えた最新技術—CT
ノーベル賞をめぐる大波乱—MRI)
第2部 治療編(毒殺事件を呼ぶ先端治療—輸血
農婦に教わった予防法—種痘(ワクチンの誕生)
狂気を呼んだ四人の争い—全身麻酔
失われた処方を求めて—麻酔薬・通仙散
物理学を超えた町工場のオヤジさん—注射器
次々に産婦が死んでいく謎の病棟—消毒法
風邪ひきイタチに助けられ—インフルエンザ・ワクチン
クシャミが生んだ大発見—ペニシリン(抗生物質)
亡き患者への想いを胸に—人工心肺
靴墨の缶で作った命の機械—心臓ペースメーカー
一万回のセックスを観察—セックス・カウンセリング
病原菌を飲んで自説を証明—胃潰瘍の治療(ピロリ菌の発見))
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 032112011025838 490.2/Mo 27 2010

書誌詳細

一般注記 医学史上の主な出来事と世界史・日本史対応年表: p228-232
主要参考文献: p237-239
著者標目 百島, 祐貴 <モモシマ, スケタカ>
件 名 BSH:医学 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:490.2
NDC9:490.2
書誌ID 1001458614
ISBN 9784582855081
NCID BB01155841
巻冊次 ISBN:9784582855081
登録日 2011.10.27
更新日 2011.10.27

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています