このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:6回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
歴史に語られた遺跡・遺物 : 認識と利用の系譜
レキシ ニ カタラレタ イセキ イブツ : ニンシキ ト リヨウ ノ ケイフ

責任表示 桜井準也著
データ種別 図書
出版者 東京 : 慶應義塾大学出版会
出版年 2011.4
本文言語 日本語
大きさ 301p ; 21cm
概要 考古学の成立以前、人々は遺跡や遺物をどのように認識していたのか。文献史料に隠された考古学資料を探し出し、日本考古学史に新たな視角を提示する。伝説・伝承から考古学を読み解く。
目次 考古学研究の新視点
第1部 わが国における遺跡・遺物認識の系譜(先史時代
古代
古代末〜中世
近世)
第2部 遺跡・遺物の諸相(伝説に関わる遺跡・遺物
遺跡・遺物利用のポリティックス)
遺跡・遺物認識論から遺跡・遺物の社会史へ

所蔵情報


中央図 4A 010112011009915 210.025/Sa 47 2011

比文 文化動態 032112011039030 210.025/Sa 47 2011

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:歴史に語られた遺跡遺物 : 認識と利用の系譜
一般注記 引用・参考文献: p280-291
著者標目 桜井, 準也(1958-) <サクライ, ジュンヤ>
件 名 BSH:考古学 -- 日本  全ての件名で検索
BSH:遺跡・遺物 -- 日本  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.2
NDC9:210.025
書誌ID 1001457954
ISBN 9784766418286
NCID BB05529626
巻冊次 ISBN:9784766418286 ; PRICE:3200円+税
登録日 2011.10.21
更新日 2011.10.21

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています