このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:194回

  • 貸出数:47回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
法とは何か : 法思想史入門
ホウ トワ ナニ カ : ホウシソウシ ニュウモン

責任表示 長谷部恭男著
シリーズ 河出ブックス ; 033
データ種別 図書
出版者 東京 : 河出書房新社
出版年 2011.8
本文言語 日本語
大きさ 231, iiip ; 19cm
概要 私たちは、生きていく上で多くのことがらを自分で判断して行動する。一方で、憲法改正や税制から、交通規則や婚姻制度まで、社会全体として答えを出さなくてはならないことがらについては、法に照らして考えようとする。しかし、なぜ法に従うのか。そもそも法とは何なのか。国家の権威や法の力、立法のしくみや民主政の意義について、近代国家成立以降に先人たちが唱えてきた法思想の系譜を読み解きながら、法とともにいかに生きる...きかを問う。法を自らの問題としてとらえ直すことができる、はじめの一冊として最適の書。続きを見る
目次 法はあなたにとってどういう存在か
第1部 国家はどのように考えられてきたか(何のための国家か
平和と自己防衛を目指す国家—トマス・ホッブズ
個人の権利を保障する国家—ジョン・ロック
自由を保全する国家—ジャン・ジャック・ルソー
永遠に完成しない国家—イヌマエル・カント
人々がともに生きるための立憲主義)
第2部 国家と法の結びつきは人々の判断にどう影響するか(法の規範性と強制力—ケルゼンとハート
法と道徳の関係—ハートとドゥオーキン
法が法として機能する条件
法と国家—どちらが先か)
第3部 民主的に立法することがなぜよいのか(なぜ多数決か
民主政の過去から学ぶ)
法に従う義務はあるか
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 010112011011452 321.2/H 35 2011

中央図 自動書庫 032112012037482 321.2/H 35 2011

理系図1F 開架 032112012037470 321.2/H 35 2011

比文 社会変動 032112011021702 321.2/H 35 2011

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:法とは何か : 法思想史入門
著者標目 長谷部, 恭男(1956-) <ハセベ, ヤスオ>
件 名 BSH:法律学 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:321.2
NDC9:321.2
書誌ID 1001457764
ISBN 9784309624334
NCID BB06398374
巻冊次 ISBN:9784309624334 ; PRICE:1200円(税別)
登録日 2011.10.19
更新日 2011.10.19

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています