このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:21回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
「批判理論」とは何か
ヒハン リロン トワ ナニ カ

責任表示 アレックス・デミロヴィッチ著 ; 仲正昌樹責任編集 ; 福野明子訳
シリーズ 非体制順応的知識人 : 批判理論のフランクフルト学派への発展 / アレックス・デミロヴィッチ著 ; 仲正昌樹責任編集 ; 第3分冊
データ種別 図書
出版者 東京 : 御茶の水書房
出版年 2010.6
本文言語 日本語
大きさ iii, 367p ; 23cm
概要 第二次大戦後に社会研究所を再建し、フランクフルト学派を形成したホルクハイマーとアドルノは、急速に西欧(アメリカ)化していく西ドイツ社会において、『啓蒙の弁証法』の「野蛮/啓蒙」図式とは異なる位相の問題に直面し、「真理政治」の戦略を組み替えることを余儀なくされた。彼らは、管理社会化していく西ドイツの状況をどのように捉え、その中でどのような理論的実践を試みたのか?戦後の彼らの主要著作とそれに対する公共...での反応、大学でのゼミやシンポジウムの記録、哲学会の内部資料、書簡など、多様な資料を駆使しながら、フランクフルト学派第一世代の真理政治の全体像を再構成し、「批判理論」の意味を問い直す。続きを見る
目次 第1部 管理社会と客観的理性(語られることなきノンコンフォーミズム?—批判的知識人のプロフィールについて
ドイツへのまなざし)
第2部 理論的実践(遂行的自己矛盾という幸運
『ミニマ・モラリア—傷ついた生活裡の考察』
『プリズメン—文化批判と社会』
哲学の必要性
『否定弁証法』
解き明かす言葉—社会批判的に書く技法について
超え出ていく実践—革命的保守主義)

所蔵情報


芸工3階 050112011008238 361.23/D56/3 2010

書誌詳細

別書名 原タイトル:Der nonkonformistische Intellektuelle : die Entwicklung der Kritischen Theorie zur Frankfurter Schule
異なりアクセスタイトル:批判理論とは何か
一般注記 原著 (Suhrkamp, 1999) 第1章「管理社会と客観的理性」と第5章「理論的実践」を一冊としてまとめたもの
著者標目 Demirović, Alex
仲正, 昌樹(1963-) <ナカマサ, マサキ>
福野, 明子 <フクノ, アキコ>
件 名 BSH:フランクフルト学派
分 類 NDC8:361.234
NDC9:361.234
書誌ID 1001457550
ISBN 9784275008732
NCID BB02591226
巻冊次 ISBN:9784275008732 ; PRICE:7000円+税
登録日 2011.10.17
更新日 2011.10.17

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています