このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:8回

  • 貸出数:4回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
ひとは生命をどのように理解してきたか
ヒト ワ セイメイ オ ドノヨウニ リカイ シテキタカ

責任表示 山口裕之著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 515
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2011.10
本文言語 日本語
大きさ 278p ; 19cm
概要 科学は、何を生命として捉え、分析してきたか?現代生物学が拠って立つ論理と成立構造とは?「遺伝子」概念が孕む揺らぎとは?ダーウィン以前から、分子生物学や遺伝科学が急速発展するポスト・ゲノムの現代まで「生物学」の成立過程を辿り、「科学の見方」を哲学の視点から問い直す、生命のエピステモロジー。
目次 序章 生物学と哲学
第1章 生命科学の急発展と「遺伝子」概念の揺らぎ
第2章 生物学の成立構造
第3章 二つの遺伝子
第4章 機械としての生命
終章 「生命の存在論」へ向けて

所蔵情報


中央図 2A 032112011022298 081.6/Ko 19/(515) 2011

中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112011021334 081.6/Ko 19/(515) 2011

書誌詳細

一般注記 引用文献一覧: p271-275
著者標目 山口, 裕之(1970-) <ヤマグチ, ヒロユキ>
書誌ID 1001457512
ISBN 9784062585187
NCID BB06959369
巻冊次 ISBN:9784062585187 ; PRICE:1700円
登録日 2011.10.17
更新日 2011.10.17

この資料を借りた人はこんな資料も借りています