このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:224回

  • 貸出数:40回
    (1年以内の貸出数:1回)

<図書>
ポライトネス : 言語使用における、ある普遍現象
ポライトネス : ゲンゴ シヨウ ニ オケル、 アル フヘン ゲンショウ

責任表示 ペネロピ・ブラウン, スティーヴン・C・レヴィンソン著 ; 斉藤早智子 [ほか] 訳
データ種別 図書
出版者 東京 : 研究社
出版年 2011.9
本文言語 日本語
大きさ xxvi, 466p ; 21cm
概要 ポライトネス研究は、語用論、社会言語学、談話分析など、近年ますます注目されている言語研究の諸分野において、中核となるもののひとつである。本書は、そのポライトネスに関する代表的な研究書の翻訳であり、英語のみならず日本語を研究するうえでも大いに役立つことだろう。
目次 再刊のための序論 最近の研究の概観
1.00 序論
2.00 議論の要旨
3.00 論点:直観的根拠と派生的定義
4.00 モデルの性質について
5.00 言語におけるポライトネス・ストラテジーの現れ
6.00 派生的仮説
7.00 社会学的意味合い
8.00 言語研究への意味合い
9.00 結論

所蔵情報


中央図 4A 032112011029635 801/B 77 2011

中央図 自動書庫 032112011044725 801/B 77 2011

中央図 自動書庫 032112011054070 801/B 77 2011

芸工 研究室 050112011014724 801.03/B77 2011

言文 英語 032112011020837 801/B 77 2011

言文 言語教育 032112014506477 801/B 77 2011

書誌詳細

別書名 原タイトル:Politeness : some universals in language usage
異なりアクセスタイトル:ポライトネス : 言語使用におけるある普遍現象
一般注記 監訳: 田中典子
その他の訳者: 津留崎毅, 鶴田庸子, 日野壽憲, 山下早代子
訳者「津留崎」の「崎」は「山竒」の置き換え
原著はCambridge University Press 1987年刊
参考文献: pxiv-xvi, 423-454
著者標目 Brown, Penelope
Levinson, Stephen C.
田中, 典子(1954-) <タナカ, ノリコ>
斉藤, 早智子 <サイトウ , サチコ>
津留崎, 毅 <ツルサキ, タケシ>
鶴田, 庸子 <ツルタ, ヨウコ>
日野, 寿憲 <ヒノ, ヒサノリ>
山下, 早代子 <ヤマシタ, サヨコ>
件 名 NDLSH:ポライトネス(言語学)
BSH:言語社会学
BSH:語用論
分 類 NDC9:801
NDC9:801.03
書誌ID 1001457291
ISBN 9784327378202
NCID BB06458884
巻冊次 ISBN:9784327378202 ; PRICE:5000円+税
登録日 2011.10.13
更新日 2014.05.12

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています