このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:26回

  • 貸出数:10回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
太陽電池はどのように発明され、成長したのか : 太陽電池開発の歴史
タイヨウ デンチ ワ ドノヨウニ ハツメイ サレ セイチョウ シタ ノカ : タイヨウ デンチ カイハツ ノ レキシ

責任表示 桑野幸徳著 ; 日本太陽エネルギー学会編
データ種別 図書
出版者 東京 : オーム社
出版年 2011.8
本文言語 日本語
大きさ xvi, 430p ; 19cm
概要 筆者は太陽電池の研究開発と事業化に携わって40年近くなる、この機会に太陽電池の研究開発の歴史を振り返った。独創的な発明や発見がどのようになされたか、先駆的な研究開発を担ってきた人々が研鑽を積みながら山積する困難な問題をどのようにして乗り越えてきたか、また事業化ではどのように障害を乗り越え大事業を志したか?などをできる限り盛り込んだ。現在、太陽電池の研究開発に携わっている人、これから太陽電池の研究開...に加わろうとする人、日本の独創技術の開発を担う人、また新しい産業を発掘し事業化しようとしている人に本書を読んでいただき、研究から事業化、普及における歴史を理解することで、これからの科学技術の発展と産業の育成に少しでも役立ててもらいたい。続きを見る
目次 誰が最初に太陽電池を発明したか?
太陽電池が発明されたベル研究所での太陽電池の初期の応用は?日本における最初の太陽電池の開発はどうであったか?
太陽電池の研究開発の黎明期はどうであったか?
日本の太陽電池の研究開発、事業化の黎明期はどうであったか
日本における太陽電池の研究開発の基幹を担ったサンシャイン計画はどう立案され展開したか
アモルファスシリコンはどのように登場し、太陽電池への展開はどのように進んだか?
アモルファスシリコン太陽電池はどのように発展し工業化されたか?
アモルファスシリコンの発明は液晶ディスプレイに大きな影響を与えた
高効率太陽電池として注目されているHIT太陽電池の誕生はどのようにして?
高効率な結晶系シリコン太陽電池の最近の開発—20%超を目指しての挑戦〔ほか〕

所蔵情報


理系図2F 開架 031112011001812 549.51/Ku 97 2011

筑紫図 060112013006125 549.51/Ku 97 2011

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:太陽電池はどのように発明され成長したのか : 太陽電池開発の歴史
一般注記 参考文献: p419-428
著者標目 桑野, 幸徳 <クワノ, ユキノリ>
日本太陽エネルギー学会 <ニホン タイヨウ エネルギー ガッカイ>
件 名 BSH:太陽電池
分 類 NDC8:549.51
NDC9:549.51
書誌ID 1001456220
ISBN 9784274503481
NCID BB06577260
巻冊次 ISBN:9784274503481 ; PRICE:1800円+税
登録日 2011.09.29
更新日 2014.03.19

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています