このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:8回

  • 貸出数:19回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
ヒトはいかにしてことばを獲得したか
ヒト ワ イカニ シテ コトバ オ カクトク シタカ

責任表示 正高信男, 辻幸夫共著
シリーズ 認知科学のフロンティア
データ種別 図書
出版者 東京 : 大修館書店
出版年 2011.7
本文言語 日本語
大きさ ix, 225p : 挿図 ; 20cm
概要 サルからヒトへの進化の過程で、ことばはどのようにして誕生したのか?発達過程で子どもたちはどのようにしてことばを身につけるのか?これら言語研究のコアとなる難題について、サル学、子ども学のエキスパートである生物学者と脳とこころとの関係からことばを研究してきた認知科学者が検討を加える。
目次 第1章 生物の進化からことばの起源を探る(サル学からわかること
言語と遺伝子 ほか)
第2章 ヒトの行動・認知・発達とことばの関係(ヒトの言語能力の成り立ち
模倣から共感へ ほか)
第3章 ことばの変化(社会生活とことば
コミュニケーションの変化)
第4章 ことばの科学に求められるものとは何か(理論言語学の場合
言語行動分析の場合 ほか)

所蔵情報


理系図2F 開架 032112011016474 801/Ma 63 2011

芸工3階 050112011014980 801/Ma63 2011

言文 仏語 032112012050425 801/Ma 63 2011

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:ヒトはいかにしてことばを獲得したか
一般注記 主要参考・引用文献: p207-217
著者標目 正高, 信男(1954-) <マサタカ, ノブオ>
辻, 幸夫(1956-) <ツジ, ユキオ>
件 名 BSH:言語
BSH:認知科学
NDLSH:言語学習(心理学)
NDLSH:認知言語学
分 類 NDC8:801
NDC9:801
NDC9:801.04
書誌ID 1001455811
ISBN 9784469213331
NCID BB06355258
巻冊次 ISBN:9784469213331 ; PRICE:1800円+税
登録日 2011.09.22
更新日 2012.02.06

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています