このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:13回

  • 貸出数:10回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
ハンナ・アレント : 伝えることの人間学 = Hannah Arendt
ハンナ アレント : ツタエル コト ノ ニンゲンガク

責任表示 亀喜信著
データ種別 図書
出版者 京都 : 世界思想社
出版年 2010.1
本文言語 日本語
大きさ viii, 211p ; 19cm
概要 人々は自己を伝え合うことによって個として生きることができる。個を否定する全体主義と闘ったアレントの思想を、「伝える存在」としての人間論として読み解き、その根底にある“人間を肯定する意志”から公共性の意味を捉え直す。付論:フランス前期中等教育における市民教育のプログラム。
目次 第1章 伝えること
第2章 分断すること
第3章 異なる視点に立つこと
第4章 自己に誠実であること
終章 要約と若干の考察
付論 フランス前期中等教育における市民教育のプログラム

所蔵情報


中央図 4A 032112011015510 311.234/Ka 34 2010

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:ハンナアレント : 伝えることの人間学
一般注記 博士論文「伝える人間 : ハンナ・アレントの人間論」 (京都大学, 2008年) に若干の修正を加えたもの
著者標目 亀喜, 信 <カメキ, マコト>
件 名 BSH:Arendt, Hannah
分 類 NDC8:311.234
NDC9:311.234
書誌ID 1001455618
ISBN 9784790714484
NCID BB00559404
巻冊次 ISBN:9784790714484 ; PRICE:1600円+税
登録日 2011.09.20
更新日 2011.09.20

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています