このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:25回

  • 貸出数:1回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
日本語の哲学へ
ニホンゴ ノ テツガク エ

責任表示 長谷川三千子著
シリーズ ちくま新書 ; 866
データ種別 図書
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 2010.9
本文言語 日本語
大きさ 250p ; 18cm
概要 「日本語の哲学」を目指すとは、いったいどんなことなのか。—少なくともそれは、古代ギリシャに始まった西洋の哲学をただ日本語で受容する、ということではないはずである。かつて和辻哲郎が挑んだその課題は、いま、もっとも挑戦しがいのあるテーマとして研究者を待ちかまえている。ここに展開するのは、パルメニデス、デカルト、ハイデッガーといった哲学者たちと、「日本語」をもって切りむすぶ、知的バトルの数々である。これ...でに類を見ない知的冒険の姿がここにある。続きを見る
目次 第1章 日本語と哲学
第2章 デカルトに挑む(学問語と日常語のたたかい
「私」がきりひらく道)
第3章 「ある」の難関(パルメニデス
ヘーゲルの苦闘)
第4章 ハイデッガーと和辻哲郎
第5章 「もの」の意味
第6章 「こと」の意味

所蔵情報


芸工 研究室 050112011001524 104/H36 2010

書誌詳細

一般注記 参考文献一覧: p249-250
著者標目 長谷川, 三千子(1946-) <ハセガワ, ミチコ>
件 名 BSH:哲学
分 類 NDC9:104
書誌ID 1001448549
ISBN 9784480065537
NCID BB03159821
巻冊次 ISBN:9784480065537 ; PRICE:780円+税
登録日 2011.05.30
更新日 2011.05.30

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています