このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:4回

  • 貸出数:0回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
医療技術と器具の社会史 : 聴診器と顕微鏡をめぐる文化
イリョウ ギジュツ ト キグ ノ シャカイシ : チョウシンキ ト ケンビキョウ オ メグル ブンカ

責任表示 山中浩司著
シリーズ 阪大リーブル ; 016
データ種別 図書
出版者 吹田 : 大阪大学出版会
出版年 2009.8
本文言語 日本語
大きさ viii, 276p ; 19cm
概要 聴診器はなぜ臨床医のシンボリックな存在になったのか。聴診器、顕微鏡、「鉄の肺」から新型トイレまで...急速に技術革新が進む医療の分野のなかで、17世紀から現代までに使用されてきた器具の間に生まれた深い関係をエピソードと史実から探る。
目次 1 プロローグ—器具から見る社会
2 「不可解な過去」—技術と社会の奇妙な関係
3 聴診器が使えない?—現代医療の落とし穴
4 マホガニーの神託—聴診器と19世紀医学
5 電気松葉杖なんかいらない—聴診器と医療のシンボル
6 怪物のスープ—顕微鏡の社会的イメージ
7 顕微鏡のように見なさい—実験室の医学
8 エピローグ—器具のパラダイス・器具のパラダイム

所蔵情報


芸工 研究室 050112011000282 492.8/Y34 2009

書誌詳細

一般注記 文献目録: p269-276
標題紙には「Handai Livre 014」とあり
著者標目 山中, 浩司(1959-) <ヤマナカ, ヒロシ>
件 名 NDLSH:医療器械
分 類 NDC9:492.8
NDC9:490.14
書誌ID 1001446329
ISBN 9784872593013
NCID BA91292809
巻冊次 ISBN:9784872593013 ; PRICE:2200円+税
登録日 2011.04.21
更新日 2011.04.21

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています