このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:9回

  • 貸出数:4回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
アイヌの世界
アイヌ ノ セカイ

責任表示 瀬川拓郎著
シリーズ 講談社選書メチエ ; 494
データ種別 図書
出版者 東京 : 講談社
出版年 2011.3
本文言語 日本語
大きさ 198p : 挿図, 地図 ; 19cm
概要 アイヌは縄文人の子孫か?クマ祭りの起源はイノシシ祭りだったのか?阿倍比羅夫が戦ったのはアイヌか?なぜマタギの言葉にアイヌ語があるのか?中尊寺金色堂の金箔はアイヌが採った日高産か?—最新の知見をもとにアイヌをめぐる様々な問いに大胆に答えながら、伝統を守りつつもダイナミックに変貌し続けた、これまでになく多彩なアイヌ像を描き出す。
目次 第1章 DNAと言語からみたアイヌの起源—近年の研究から
第2章 縄文の祭りからクマ祭りへ—アイヌと縄文伝統
第3章 阿倍比羅夫はだれと戦ったか—混乱する北の民族的世界と王権
第4章 アイヌ文化の日本語・マタギ文化のアイヌ語—古代交流の残影
第5章 オホーツク人になろうとしたアイヌ—環オホーツク世界と植民
第6章 黄金国家とアイヌ—奥州藤原氏の金と北海道
第7章 謎の「宝の羽」を迫って—北の先住民交易
第8章 アイヌモシリ一万年の景観史—文化の変容を読む

所蔵情報


中央図 4Wa_10‐21 [新書] 032112010054220 081.6/Ko 19/(494) 2011

書誌詳細

一般注記 引用・参考文献: p186-192
著者標目 瀬川, 拓郎(1958-) <セガワ, タクロウ>
書誌ID 1001443720
ISBN 9784062584951
NCID BB05142477
巻冊次 ISBN:9784062584951 ; PRICE:1500円+税
登録日 2011.03.23
更新日 2011.03.23