このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:12回

  • 貸出数:7回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
コミュニケーションするロボットは創れるか : 記号創発システムへの構成論的アプローチ = Constructive approach towards symbol emergence system
コミュニケーション スル ロボット ワ ツクレルカ : キゴウ ソウハツ システム エノ コウセイロンテキ アプローチ

責任表示 谷口忠大著
シリーズ 叢書コムニス ; 13
データ種別 図書
出版者 東京 : NTT出版
出版年 2010.3
本文言語 日本語
大きさ vii, 249, vip : 挿図 ; 20cm
概要 新たなアプローチで、人間知能の本質に迫る。ロボットを人間に近づけていく探求から、これまでなかったコミュニケーション理解の地平を開く。
目次 第1章 コミュニケーションする機械
第2章 自律ロボットと概念
第3章 シェマモデル
第4章 行動創発
第5章 コミュニケーションと自律適応系
第6章 記号過程の創発
第7章 記号創発システム論
電子版へのリンク

所蔵情報


理系図1F 開架 032112010052760 007.13/Ta 87 2010

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:コミュニケーションするロボットは創れるか
著者標目 谷口, 忠大(1978-) <タニグチ, タダヒロ>
件 名 BSH:人工知能
BSH:コミュニケーション
BSH:ロボット
分 類 NDC8:007.1
NDC9:007.13
NDC9:548.3
書誌ID 1001442841
ISBN 9784757102835
NCID BB01795297
巻冊次 ISBN:9784757102835 ; PRICE:2600円+税
登録日 2011.03.07
更新日 2017.02.18

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています