このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:74回

  • 貸出数:27回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
明治立憲制と内閣
メイジ リッケンセイ ト ナイカク

責任表示 村瀬信一著
データ種別 図書
出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 2011.1
本文言語 日本語
大きさ 2, 318, 5p ; 22cm
概要 明治政府は、立憲政治の開始後、内閣制度の改革を迫られる。歴代内閣の政権運用を問い、内閣崩壊に際して次第に総辞職が定着していく様を追跡。桂園体制という政権交代方式を実現した明治立憲制の道程を検証する。
目次 序章 課題と視角
第1章 内閣制度をめぐる諸潮流
第2章 初期議会と内閣機能強化問題
第3章 画期としての元勲内閣
第4章 日清戦争後における権力状況
第5章 連帯責任的内閣交代の定着
終章 総括と展望

所蔵情報


中央図 2C_74‐89 [文/国史] 021112010017546 国史/3C/2266 2011

書誌詳細

著者標目 村瀬, 信一(1954-) <ムラセ, シンイチ>
件 名 BSH:日本 -- 政治・行政 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:内閣
分 類 NDC8:312.1
NDC9:312.1
書誌ID 1001441059
ISBN 9784642038003
NCID BB04502012
巻冊次 ISBN:9784642038003 ; PRICE:9500円+税
登録日 2011.02.17
更新日 2011.02.17

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています