このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:46回

  • 貸出数:22回
    (1年以内の貸出数:2回)

<図書>
ほんとうの「食の安全」を考える : ゼロリスクという幻想
ホントウ ノ ショク ノ アンゼン オ カンガエル : ゼロ リスク ト イウ ゲンソウ

責任表示 畝山智香子著
シリーズ DOJIN選書 ; 28
データ種別 図書
出版者 京都 : 化学同人
出版年 2009.11
本文言語 日本語
大きさ 222p ; 19cm
概要 食品添加物は危険なのか?残留農薬の基準値超過で回収・廃棄の対応は世界の常識なのか?ビタミンでがんの予防ができるのか?オーガニックは優れているのか?巷にあふれる食をめぐるさまざまな情報。どの情報が信頼に足るものなのだろうか?メタミドホス、マラカイトグリーン、トランス脂肪酸、メラミンなどの実際の事例も参照しながら、残留農薬の基準値の設定の仕方やその値の意味、発がん物質のリスク評価の方法を紹介していく。...品の安全情報を複眼的にとらえた、目から鱗が落ちる一冊。続きを見る
目次 第1章 「基準値」はいかに決まるか(残留農薬はすべて“危険”なのか?
天然は常に“安心”なのか?
安全基準は厳しければよいのか?
参考にする値はなにを用いたらよいのか?)
第2章 発がん物質のリスクの大きさをどう考えるか(発がん性とはなにか
発がん性のリスク評価
健康的な食生活にもっとも大切なことはなにか?)
第3章 食品のリスク分析はどのようになされているか(魚中メチル水銀のリスク分析
トランス脂肪酸のリスク分析
緊急時のリスク分析
リスクとどう付き合うか)
第4章 食品の有効性をどう評価するか(抗肥満薬はなせ薬なのか?
ビタミン剤でがんの予防ができるのだろうか?
健康強調表示の“科学的根拠”とはなにか
健康的な食生活とは)
終章 健康的な食生活を送るために—科学リテラシーを育む(食の安全の本質はなにか?
ジャガイモから考える食の安全)
続きを見る

所蔵情報


中央図 4A 032112010043431 498.54/U 75 2010

中央図 4C_1‐135 [法] 024112011026766 Ej 78/U/12 2009

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:ほんとうの食の安全を考える : ゼロリスクという幻想
一般注記 参考文献およびサイト: p212-217
略語一覧: p218-222
著者標目 畝山, 智香子 <ウネヤマ, チカコ>
件 名 BSH:食品衛生
BSH:化学薬品
分 類 NDC8:498.54
NDC9:498.54
書誌ID 1001440293
ISBN 9784759813289
NCID BB00297782
巻冊次 ISBN:9784759813289 ; PRICE:1600円+税
登録日 2011.02.08
更新日 2011.02.08

類似資料

この資料を見た人はこんな資料も見ています

この資料を借りた人はこんな資料も借りています