このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:5回

  • 貸出数:3回
    (1年以内の貸出数:0回)

<図書>
謝霊運から李白、杜甫へ
シャ レイウン カラ リハク トホ エ

責任表示 宇野直人, 江原正士著
シリーズ 漢詩を読む ; 2
データ種別 図書
出版者 東京 : 平凡社
出版年 2010.11
本文言語 日本語
大きさ 445p : 挿図, 地図 ; 19cm
概要 六朝時代、山水詩の祖といわれる謝霊運にはじまり唐代を迎えて、孟浩然、王維、岑参らが活躍、時代はついに盛唐へ。玄宗皇帝と楊貴妃の恋も華やぐ都・長安に李白、杜甫の両雄が現れて、人間と歴史と詩の、驚くべき絡み合いが展開する。
目次 1 元嘉期の詩人たち
2 変革のきざし—南北朝の統一
3 初唐
4 初唐から盛唐へ
5 盛時到来
6 辺塞詩の名手たち
7 安らぎを求めて
8 両雄の魂—李白と杜甫

所蔵情報


中央図 4A 010112010021096 921/Ka 59 2010

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:謝霊運から李白杜甫へ
一般注記 関連年表: p442-443
主要参考文献: p444-445
著者標目 宇野, 直人(1954-) <ウノ, ナオト>
江原, 正士 <エバラ, マサシ>
件 名 BSH:漢詩
分 類 NDC8:921.08
NDC9:921.08
書誌ID 1001438770
ISBN 9784582834888
NCID BB04091610
巻冊次 ISBN:9784582834888 ; PRICE:1800円+税
登録日 2011.01.25
更新日 2011.01.25

類似資料

この資料を借りた人はこんな資料も借りています