このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:17回

  • 貸出数:15回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
古代の〈けしき〉の研究 : 古文書の資料性と語の用法
コダイ ノ ケシキ ノ ケンキュウ : コモンジョ ノ シリョウセイ ト ゴ ノ ヨウホウ

責任表示 辛島美絵著
データ種別 図書
出版者 大阪 : 清文堂
出版年 2010.11
本文言語 日本語
大きさ iv, 252p ; 22cm
目次 第1章 “けしき”の研究史と問題のありか(用例1〜41)
第2章 九世紀以前の“けしき”(用例42〜65)
第3章 一〇世紀までの“けしき”(用例66〜99)
第4章 情報としての“けしき”と観賞する“けしき”(用例100〜125)
第5章 古文書の“けしき”(用例126〜147)
第6章 “けしき”の変化と文献資料(用例148〜173)
付章 古文書を日本語史研究にどう使うか(用例174〜187)

所蔵情報


中央図 1B_2‐12 [文/国文] 021112010524542 国文/9B/145 2010

書誌詳細

別書名 異なりアクセスタイトル:古代のけしきの研究 : 古文書の資料性と語の用法
著者標目 辛島, 美絵(1960-) <カラシマ, ミエ>
書誌ID 1001437684
ISBN 9784792414177
NCID BB04359054
巻冊次 ISBN:9784792414177 ; PRICE:7,000円+税
登録日 2011.01.12
更新日 2011.01.12

この資料を借りた人はこんな資料も借りています