このページのリンク

利用統計

  • このページへのアクセス:10回

  • 貸出数:14回
    (1年以内の貸出数:3回)

<図書>
街場の大学論 : ウチダ式教育再生
マチバ ノ ダイガクロン : ウチダシキ キョウイク サイセイ

責任表示 内田樹 [著]
シリーズ 角川文庫 ; 16589
データ種別 図書
出版者 東京 : 角川書店
出版者 東京 : 角川グループパブリッシング (発売)
出版年 2010.12
本文言語 日本語
大きさ 343p ; 15cm
概要 日本の大学は今や「冬の時代」を迎え、私立大の40%が定員を割っている。この危機の中、多くの大学は「市場原理」を導入し、過剰な実学志向と規模拡大化に救いを求めている。この現状は学生を真の「学び」へ導くのか?大学の社会的使命とは何か?最も信頼できる論客が、大学の原点に立ち帰り放つ、画期的教育再生論。文庫化に際し、文科省国立大学法人支援課長・杉野剛氏との「大学の行方」をめぐる新対談も追加収録。
目次 第1章 ニッポンの教育はどこへ行く
第2章 入試の風景
第3章 ウチダは何を教えているのか
第4章 大学がつぶれてしまう
第5章 どこも大変なことになっている
第6章 神戸女学院大学が生き残る道
第7章 研究者に仲間入りするためには
第8章 日比谷高校、東大全共闘の人々
第9章 一九六六年の日比谷高校生・吉田城と新井啓右の思い出
第10章 文部科学省訪問記—高等教育局私学行政課長・杉野剛さんとの対話から
第11章 大学教育の未来—二〇一〇年八月 文部科学省国立大学法人支援課長・杉野剛さんとの再会記
続きを見る

所蔵情報


中央図 3C_3‐39 [教育(人環)] 022112013001522 教育/71B/210 2010

理系図1F 開架 032112014602584 377/U 14 2010

言文 独語 032112010034114 377/U 14 2010

書誌詳細

別書名 原タイトル:狼少年のパラドクス : ウチダ式教育再生論
一般注記 『狼少年のパラドクス : ウチダ式教育再生論』(2007年2月朝日新聞社刊)に新対談(第11章)を加えて改題したもの
著者標目 内田, 樹(1950-) <ウチダ, タツル>
書誌ID 1001437641
ISBN 9784043707041
NCID BB04361715
巻冊次 ISBN:9784043707041 ; PRICE:629円
登録日 2011.01.12
更新日 2015.02.06

この資料を借りた人はこんな資料も借りています